・ コモ湖周辺旅行 ・ 総集編ちょっぴりと、食べたもの

皆さん、こんにちは!
お休みを頂きましたので張り切って、ははは、今日はたっぷりの写真で、
コモ湖周辺3日間旅行の総集編ちょっぴりと、恒例の食べ物を見てやって下さい。

心配していたお天気は何とか大丈夫でしたが、
楽しみにしていたコモ湖の遊覧船の時が生憎の曇り空!
まぁ、それでも思いもかけなかった素晴らしいものもたくさん見る事が出来、
楽しんで戻りました。

まずは、モンザ・Monzaのドゥオーモ。 モンザはいつもF1のサーキット場の
話題しか見ませんが、大変落ち着いた穏やかで美しい旧市街で、
こんな美しいドゥオーモもあることも知りました!

1-30_01_GF.jpg

ドゥオーモの中では「鉄の王冠」なるもの、キリストの磔刑に使われた釘を
使ったという有難いもので!はい、
イタリア国王やナポレオンも戴冠式に使ったという王冠を、拝んで参りましたぞよ。
勿論写真は禁止でしたが、色々面白い話も聞きましたので、またの機会に。



地図をどうぞ。 初日は朝5時半集合出発のバス旅行で、まずミラノの北にある
モンザに行き、午後レッコ・Leccoに、2泊した宿はレッコ。

2-mo1_GF.jpg

2日目はコモ・Comoから遊覧船に乗りべラッジョ・Bellagioまで。
午後は対岸にあるヴィッラ・カルロッタ・Villa Carlottaの素晴らしい庭園を
楽しみバスで宿に。

3日目はコモに出かけ街の見学、午後半ばに帰路に、という旅程で、
今回はかなりゆったりした旅程でした。



道中では少し雨が降ったものの、モンザに着くと天気予報とは打って変わった
お天気となり、ドゥオーモと街見物の後は自由解散となり、お昼を街の通りの
バールの席で。 まずは生ビールで乾杯し、

3-077_GF.jpg



ジュリアーナは野菜のグリルを挟んだトースト、

4-073_GF.jpg


    
フェリチアーナはリゾット、 ね、量が多いでしょう?

5-075_GF.jpg



shinkaiはペンネ・アッラビアータ・ピリ辛のトマト・ソースで。

6-076_GF.jpg



さてレッコに到着、少しうす曇りになりましたが、まずは街中をぐるっとバスで回り、
土地のガイドさんを拾い、

7-63_01_GF.jpg

8-366_01_GF.jpg



これはアレッサンドロ・マンゾーニ・Alessandro Manzoniの像。

9-369_01_GF.jpg

イタリア人にとっては大古典の「いいなずけ・イ・プロメッシ・スポージ」の作者で、
19世紀、この街には彼の父方の屋敷があり現在博物館、我々はそれを見学に。

私は子供向けダイジェスト版を読んだ程度なのですが、一行の皆は本当に
良く知っており、ガイドさんがまたあれこれとマンゾーニの家庭事情やらなにやらを
微に入り細をうがつ説明で、ははは、それは大変興味深く可笑しく、
皆が大いに楽しみましたです。



屋敷の傍らの、大きな八重桜が満開でした!

10-372_01_GF.jpg



さて2泊したホテルにチェックインし、ホテルの名も、「プロメッシ・スポージ」!

11-081_GF.jpg



夕食のメニュー、肉喰らいには、まずポルチーニのリゾットとミート・ソースのペンネ、

12-078_GF.jpg

菜食者には、菜食者がいる事など想定外だったようで、
急遽ポルチーニのリゾットだけが供され・・!
うむぅ、この辺りで次の展開が予想されましたが・・!



セコンドは、豚のあばら肉ステーキと野菜の付け合せ。

13-083_GF.jpg

となると、菜食者にはこの野菜類のみで・・!! いくら美味しいとは言え、
ちょっとぶうたれるshinkai。



デザートは、イチゴに生クリーム。

14-085_GF.jpg



ですが、思いがけずに部屋からの眺めが最高でして、              

15-099_GF.jpg



細い湖を挟んでの対岸が、レッコの街の中心部。

16-096_GF.jpg

大方は友人とのツイン部屋ですが、希望するといくらかの割増料金で
一人部屋にしてくれるのですね。
で、今回はダブルベットの一人使用という事で、3階のこんな眺めの部屋が
当たったという訳で、やったぁ!



翌朝散歩に出ましたら、近くにこんな大きなマロニエの樹、これも満開でした。

17-496_01_GF.jpg



翌日のお昼は、2時間の湖の遊覧を終え、ちょうど発車間際の町周遊の観光バス
にも乗って戻り、湖岸のバールの席で。

18-103_GF.jpg

ほらね、Birra Bellagio・べラッジョ・ビールと書いてあるでしょう?

で仲間は野菜とチーズのトーストを、shinkaiはスパゲッティを、写真略。
パニーノとかトーストなどのパン類は余程でないと食べませんで、
・・だって、朝食以外のパンは「代用食」なんですよぉ、shinkaiには!ははは。



船着場すぐ横の、満開の藤の花!

19-698_01_GF.jpg

20-770_01_GF.jpg



午後は大変なお天気になり、ホテルに戻って見る夕暮れのレッコの街と山。

21-965_01_GF.jpg

22-964_01_GF.jpg



さてこの日の夕食は如何に?! 肉食者には、ラザーニャ。  ピン甘ご容赦。

23-109_GF.jpg



菜食には、お昼に食べたと同じスパゲッティ! 素晴らしい!!

24-117_GF.jpg



セコンドは、ロースト・ビーフと、ジャガイモの付け合せ。

25-122_GF.jpg



あ、サラダが出た、嬉しい!

26-123_GF.jpg



という事で、shinkaiのお皿はこんな感じ、むひひ!
手前右の厚いチーズは、この辺りの美味しいタレッジョ・チーズ。

27-125_GF.jpg



デザートは、オレンジ・チョコレートの乗ったケーキ。

28-126_GF.jpg

皆が美味しいと言い、料理は悪くは無かったですが、なにせ今回は読みが浅く、
同じものがかち合い過ぎたのがshinkaiには不幸でしたぁ、ははは。



部屋の窓から眺める、美しい夕暮れと、街の灯。

29-132_GF.jpg

30-127_GF.jpg



翌朝6時過ぎ、ドゥオーモの下だけ明かりが灯っていて、

31-140_GF.jpg



街の背後の山から射し込む、朝の陽。

32-147_GF.jpg



朝の爽やかさ!

33-969_01_GF.jpg



最終日はコモの街に。
この美しく典雅なドゥオーモも、古い中世が残る一廓も見物し、

34-147_01_GF.jpg



ちょっと入り込んだ小さなマッツィーニ広場のバールでお昼を。

35-994_01_GF.jpg



ジュリアーナとフェリチアーナは、トスカーナの野菜スープを、

36-161_GF.jpg



shinkaiは、茄子のパルミッジャーノを。
形が崩れ、何か正体不明な食べ物に見えますが、ははは、
茄子とチーズ、トマト・ソースの重ね焼きですもの、美味しかった!

37-162_GF.jpg



のんびりテントの下でお昼をしていると、この猫ちゃんが・・。

38-164_GF.jpg

今回食べ物とホテルの窓からの写真は、新しいコンパクト・カメラを試したのですが、
ほら、コンパクトは即ピントが合いませんよね。
なので一眼に慣れた者には、猫の顔を撮ろうとしても無理!
       
でも人物、とりわけ女性のポートレートには良いみたい。 というのも、
ニコンのようにピチッ~~と、お顔のしXを写しきらないのが分ったの・・、ひひ。
しっかり撮り慣れる事にしませんと!



バールの素敵なシニョーラ!

39-165_GF.jpg



デザートは、チョコレートのケーキ。
間に見える薄黄色のクリームは生姜味、美味しかったぁ!

40-169_GF.jpg

お昼の後、ゆっくり古い一廓を歩きながら壁画を撮っていると、
中年シニョーレが話しかけてきて、古い建物の中庭を見せてくれ、
ついでにその一帯の歴史を纏めた本を、shinkaiのみ、うひひ、
プレゼントに頂いてしまったのでしたぁ!
       


素晴らしく晴れ上がり、もう一日ゆっくり出来たら、と思うような
最終日のコモ湖畔!

41-174_01_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク