・ サン・ガルガーノ修道院 

今日のご案内は、トスカーナはシエナの街から南西に約35kほどの位置、
平野に聳えるサン・ガルガーノ修道院・Abbazzia di San Galganoを。

サン・ガルガーノ修道院の名を覚えておられずとも、この大きな廃墟風教会の
写真はどこかでご覧になられていると。
そう、タルコフスキー監督の映画「ノスタルジア」にも登場した、あの大聖堂です。

ちょうど訪問した日は生憎の雨、しかも本格的な降りでして、
少しでも乾いた写真をと、はは、wikipediaから拝借のもの。

1-007.jpg

今回は少し写真が多くなりましたが、ごゆっくりどうぞ!



地図をどうぞ。
盆地風のメルセ平野・Merseに位置し、西に見えるキュズディーノ・Chiusdino
の町が最寄で、ここで修道院に名を冠された聖ガルガーノが生まれています。

2-GF.jpg

南東にチラッと見えるモンタルチーノ・Montalcinoの町の南には、
これも有名なサンタンティモ修道院・Abbazia di Sant'Antimoが。

サンタンティモ修道院 ・ Abbazia di Sant'Antimo
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461363897.html

サンタンティモ修道院再訪 ・ Abbazia di Sant'Antimo n.1 
http://www.italiashiho.site/archives/20170414-1.html

サンタンティモ修道院再訪 ・ Abbazia di Sant'Antimo n.2
http://www.italiashiho.site/archives/20170415-1.html



さて当日は朝からかなりの降りの中をちょっと山越えをし、平地のこんな道に、

3-428_GF.jpg

近くのアグリトゥリズモの横に駐車し、糸杉並木が続く修道院への長い道を。



正面の扉と、そのアップ。

4-01_GF.jpg

5-432_GF.jpg

6-32-1_GF.jpg



そして円柱と柱頭飾り。 シトー派修道院独特の、簡素な装飾。

7-434_GF.jpg



正面脇の2つの扉の位置からは中が覗けるのですが、覗こうと近づいた所で、
草むらの水溜りで既にびちゃびちゃとなり・・!

もう一度聖堂を見晴らす感じに道を辿り、

8-439_GF.jpg



正面の南に延びる建物、往時の威容も忍ばせます。

9-440_GF.jpg



切符売り場の横に広がるカピートロの間・Sala di Capitolo.
質素なフレスコ装飾ですが、この廃墟風の中で見ると、少しホッとする感じで・・。

10-446_GF.jpg

カピートロというのは、本の章とか節の事を言い、この部屋に毎日修道士達が
集まって修道院の会則の一章を読み、様々な話し合いもされたのだとか。

       

これは隣接の部屋で、面会所・Parlatorioなんだそう。

11-447_GF.jpg

12-448_GF.jpg

他にもスクリプトリウム・scriptoriumという筆写室も見れたようなのですが、
見逃し残念! 2階には修道士達の個室と礼拝堂があるのだと。

一体全盛期には何人程の修道士達が居たものでしょうか?
今回数字が見つけられませんでしたが、またのチャンスに。


    
もう一度建物の外にでて、聖堂に向いますが、窓の飾りが残っている部分も見え、

13-444_GF.jpg

14-443_GF.jpg



入り口脇にあった平面図で、奥行き71m 幅21mの3廊式、
並ぶ円柱は左右に8本ずつ。 右横に見える1の部分が上のカピートロの間。

15-451.jpg



聖堂内に入った途端、目に入る水溜り、雨だれ!! ああ!
そうだった、ここの天井は抜けているんだったっけ・・!

16-453_GF.jpg



左に見える鉄柵部分が入り口で、左の側廊側を入り口に向き、
       
17-457_GF.jpg

写真手振れご容赦! 傘を傾けて撮るのに、やはり焦ったようで、
今回はピンが甘いと思っても、雨が降るのが写っていたりで・・、



聖堂内入り口付近の、唯一天井が残っていた部分。 アーチの組方も良く見え。

18-455_GF.jpg



はい、ここだけ地面が乾いていたのですが、ここに引っ込むと何も見えず、撮れず。

19-456_GF.jpg

20-454_GF.jpg



内陣部分から、最初に見た入り口を振り返り。
見事に主廊部の天井が落ちていて・・。

21-462_GF.jpg


このサン・ガルガーノ修道院が建設に取り架かったのは1218年で、
完成したのが1288年。

名が冠されている聖ガルガーノは、上記した様にすぐ近くのキュズディーノの貴族の出、
騎士で、正確な姓も記録には無い様ですが、ガルガーノ・グイドッティ・Guidottiと。
1148年頃に生まれ、1181年11月30日に没。

彼の時代はトスカーナ一帯に抗争が絶えず、このキュズディーノ周辺はヴォルテッラの
司教の下にあり、当時はシエナ共和国とのいわば境界線で、争いも絶えなかった事と。

こんな時代に青年期を過ごしたガルガーノが、放埓で自堕落な我が身を恥じ、
夢のお告げに導かれ隠者の生活に隠遁した後、亡くなったのですが、

ヴォルテッラの司教がすぐに1185年頃に礼拝堂を建設、この司教の後継
イルデブランド・パンノッキエスキ・Ildebrando Pannocchieschiが修道院建設を。

ガルガーノは既に生前シトー派との繋がりがあったようで、計画は大きな弾みがつき、
シエナのたくさんの貴族たち、フランスのシトー派教会からの直接の参加もあり、
1201年には既に修道士たちの最初の活動が。

建設も迅速に進み、1227年にはすぐ傍らの山の上の教会と、これは後ほどご覧に、
下の教会も出来、1228年には病室が、翌年には修道士達のの部屋も終了という、
一大修道院の発足でした。



逆に入り口扉近くから、内陣方面を。

22-471_GF.jpg

23-473_GF.jpg

24-466_GF.jpg

廃墟に相応しい雨の風景、と思ってやって下さいまし。



内陣部にある祭壇部分かな?

25-463_GF.jpg



見上げる主廊部分の壁。
この高さ、この荘厳さ! 当時の威容を想像します。

26-475_GF.jpg

南仏のセナンク修道院もシトー派修道院ですので、
内部の厳格で簡素な様子が少しでも偲ばれるかと・・。



大きな疑問は、これだけ素晴らしい見事な大聖堂が、
どうしてこれほどな廃墟になったのか、と言う事ですが、
読んでみると、意外にこの聖堂の命が短かった事を知りました。
       
1262年に殆どの工事が終了し、1288年には聖別式も。

修道院に集まるたくさんの修道士達の働き、財産の寄付、神聖ローマ帝国
皇帝のエンリコ5世、オットーネ4世、続くフェデリコ2世からも大きな贈与が続き、
13世紀の半ばにはトスカーナにおけるシトー派の最大の修道院となったと。

沼地を開拓し、川の流れを利用した水車を持ち、毛織物の縮絨機も、
製鉄所も修道院内に。
建築家彫刻家のニコラ・ピサーノと契約を結び、シエナのドゥオーモの説教壇を作ったり、
シエナ共和国との結びつきも深くなり、修道士がカメルレンゴ・camerlengo・
この場合は財政管理者と、に指名されるようにまで。

14世紀に入り、事情悪化が始まります。
まず1328年の飢饉に続き、1348年のペストの蔓延と修道院の発展が止まると共に、
当時一帯の修道院や荘園がそうであったように何度も略奪され、

現在フィレンツェの花の大聖堂に騎馬像の肖像があるジョン・ホークウッドなど、
ご丁寧に2度も侵入を!

こうしてこの世紀の末には、8人の修道士が残るだけになったと。
15世紀に入っても状態は好転せず、修道士達はシエナに建物を建設し引越し、
修道院を放棄する事に。

ですがまだ建物類は健在ですから、その所有権を巡りシエナ共和国と教皇との
抗争が始まり、1506年には教皇より聖務停止を命じられますが、
平常通りの聖務遂行で粘るシエナ共和国。

が1503年より修道院を預かっていた僧の一人が、悪辣にも屋根を覆っていた
鉛を引っぺがし売り払うという・・!
これで一挙に建物自体の衰退が始まり、1576年には修道院に住むのは、
僧服もつけていない修道士が1人だけとなり、窓のガラスはすべて割られ、
僅かに病室のあたりのみに残る有様に。

衰退はどんどん進み、1781年にはアーチが崩れ始め、1786年には稲妻に
やられた後に鐘楼が崩れ、13世紀からの残った大鐘は、溶解され青銅として売られ、
遂に1789年、最終的に教会としての神聖を失う結果に。

まさに失礼な言い方なれど、あがきは長かったものの、
これだけの聖堂が活動したのは、僅か2世紀間なのでした。



側廊側のアーチと、円柱角柱と柱頭飾り。

27-481_GF.jpg

28-490_GF.jpg



壁側の柱の足元。

29-489_GF.jpg



外に出て、後陣の後ろ側からの眺めと、

30-492_GF.jpg



ウィキから拝借の写真で、後陣の上空から。

31-ano.jpg

19世紀の終りから保存への研究も始まり、1926年新しい建設はせず
残った部分を保存、という修復が始まり、現在に至っているとの事。



後陣の後ろから見える上の教会、通称ロトンダ・Rotondaと呼ばれる
モンテシエピMontesiepiのエーレモ・eremo・隠所。

32-495_GF.jpg

ぬかるみの道を、半ばやけくそで、ははは、岩に刺さった剣を見たさに、
も一つ頑張って、ははは、上ります。



ぐるっと後ろを回る感じで辿りつくと、なんと車が止まっているではおまへんかぁ!
なんだぁ、車で来れたんかいなぁ!!

いや、中世の巡礼さの謙虚さを見習い、
はい、こちらが山の上のエーレモ、ロトンダでございます。

33-497_GF.jpg

下の聖堂の建設様式にも、シトー派の様式に則った上にエトルスクやケルト、
テンプル教団の匂いがある、というのですが、ここもまさにその象徴なのだそう。



円形の主体に、今右奥に人が見える玄関の張り出し部分、そして私のいる
手前奥に張り出した四角い礼拝堂があり、真ん中に見える透明の覆いの中に剣!

34-508_GF.jpg

実際はかなり暗く、写真を見て初めて、あ、猫ちゃんが居たんだ、と気が付き残念。



ぐるぐるとバウムクーヘン式の天井! 色は煉瓦の赤茶と石の白。 
正面下に祭壇用のテーブル。

35-498_GF.jpg

36-501_GF.jpg



サン・ガルガーノが岩に突き刺したと言う剣。

37-500_GF.jpg

彼は大天使ミケーレのお告げに導かれ、このモンテシエピに辿りつき、ここを隠所に
定めますが、十字架にする木が無く、岩に己の剣を突き刺し十字架に見立てた、
というのが、1180年のクリスマスの日の事。

ですから、神に誓いを立て隠者の生活を始めて後、僅か1年ほどで亡くなった事に・・。

伝承によると、彼を妬む仲間が留守の間に引き抜こうとするもダメで、
その悪さの報いは彼ら3人に下り、川に溺れ、稲妻に撃たれ、狼に腕を食われたり!
戻った彼は折れた剣を見て悲しむものの、お告げにより繋ぐとピッタリと合い、
また一本の剣になったのだとか、はい。
      


傍にあった小さな説明には、
 このモンテシエピの頂上にあった岩に、1180年ガルガーノ・グイドッティが
 平和と贖罪のシンボルとしてあるように剣を打ち込んだ 

38-509_GF.jpg

39-225.jpg

サン・ガルガーノのあれこれの逸話を読みながら、やはり騎士道物語で有名な
アーサー王や、裕福な商人の家に生まれ、騎士になりたかったものの転向した
サン・フランチェスコとの共通点を思います。

中世に在って、騎士道に疑問を感じる人々も多かったでしょうし、案外ガルガーノの
選んだ道は内心密かに賞賛され、この聖堂の発足が大変順調だったというのも、
その辺りからの援助も大きかったのかなとも思いました。
       
ところでこの剣の実証がパヴィア大学の教授によって行われ、12世紀の武器で
ある事が証明されたのだそう。
で、その下に小さな字で、
  1924年頃まで、この剣は岩の割れ目に突き刺されており、抜く事ができた、と!  
  ワシャ知らん。



円形の主体から左奥に突き出す形の小礼拝堂、

Copia (2)_GF.jpg



ロレンツェッティの礼拝堂と呼ばれているのだそうで、暗く、
目いっぱい露出を上げて撮ると、こんな天井画。

40-506_GF.jpg

左に多分聖母に聖人達の祭壇画があるのでしょうが、
アンブロージョ・ロレンツェッティの作とは知らず、故障持ちの目では到底見れず・・!



ぐちゃぐちゃに濡れた足で、戻りは車の通り道を。 距離は長いものの歩くのは楽で、
      
畑の向こうの聖堂を見つつ、

41-513_GF.jpg



道脇の畑に穂を持つ作物、これは何でしょうか?
雨に煙る風景の中、畝の間に咲く黄色い花が鮮やか。

42-514_GF.jpg



さて、正面近い位置から、煙る聖堂をもう一度。

43-517_GF.jpg

聖堂・修道院は毎日オープン、9時から19時、
冬季11月から3月は 9時半から17時半 だそう。



最後はサイトから拝借の写真で、月夜の聖堂をどうぞ。

44-man.jpg


長いお付き合い、有難うございました!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ ヴォルテッラの朝 ・ 目覚めてゆく町と平野

お正月気分を吹っ飛ばす様な、パリでのテロ事件があり、こちらイタリアの
TVニュースも大きく揺れています。 亡くなった方々は大変お気の毒で・・。
ですが家の中で暖かくしつつ写真を整理し、絵を描いていると、
平和な田舎での日常生活が有難く・・!
       
そんなこんなで、少しでも良い気分をお届けしようと、
昨秋のトスカーナはヴォルテッラ・Volterraの朝の写真を。

宿からまっすぐ100mかそこら行くとバス停の広場で、西に向いての眺望が開け、
朝6時半頃そこに。

で、北側に見えるドゥオーモの鐘楼と洗礼堂。

1-d0097427_02363957.jpg



海抜が531mものヴォルテッラの町。
道脇のすぐ下はこんな家の眺めになり、その向こう一面に起伏ある平野が
広がりますが、まだ夜明け前の薄暗さ。

2-d0097427_02365489.jpg

3-d0097427_02370842.jpg



そのうちに南の方の空が明るみだし、

4-d0097427_02372242.jpg



あ、ご来光だ、と思うものの、南から東にかけては並木が続き、
町が広がり、到底眺望は無理!

5-d0097427_02373550.jpg



ならばと、大急ぎで、前日場所を確かめていたテアトロ・ロマーノの跡に向かい、
横目で現市役所のパラッツォ・デイ・プリオーリを睨みながら急ぎ、

6-d0097427_02374930.jpg



テアトロ・ロマーノ跡に到着。
ここからだとやや北西向きになるのですが、ほんのりバラ色の空!

7-d0097427_02380134.jpg



崖っぷちの大きな教会も、まだ靄の中。

8-d0097427_02381539.jpg



東の平野の奥、山並みにかかる雲海が動いていくのが見え、

9-d0097427_02382671.jpg



南は家並みと木々で、明るいオレンジの空の色だけ!

10-d0097427_02383923.jpg



テアトロ・ロマーノに近い北の教会が、光に輝きだし、

11-d0097427_02413583.jpg



遠い崖上の教会にも、朝日が当ります。

12-d0097427_02414709.jpg



目の前に広がる、素晴らしい朝焼け!
こんな朝焼けを見れた時は、
旅に出れた嬉しさと、美しい朝に出会えた幸せをしみじみと・・。
  
8-d0097427_02381539.jpg


サン・ジミニャーノの朝、雲海の朝



さてでは、ともう一度町の中心に戻ります。
高い建物の上部に射し込む陽。
朝の早いバールなどが店を開き始め、

14-d0097427_02421437.jpg

15-d0097427_02423002.jpg

上の写真の左に見える覆いの架かった部分はサン・ミケーレ教会で、
この前で旅行支度のグループにつかまり、皆一緒の写真を撮ってくれと。
       
が、スマート・フォンでの写真の撮り方を知らず、ははは、2度失敗、3度目に
やっとOKになりましたら、グループのお兄ちゃんが喜んでほっぺにキッスをね。



横の路地は、まだ陰の中。

16-d0097427_02424590.jpg

17-d0097427_02430039.jpg



中心広場のパラッツォ・デイ・プリオーリにも陽が当り、

18-d0097427_02431466.jpg

あの塔の上に上がった時の笑い話は、またいつかね、ははは。




洗礼堂にも陽が射し始め、

19-d0097427_02432902.jpg



向かい合わせのドゥオモの鐘楼も、くっきり。

20-d0097427_02434419.jpg




最初の広場の端に戻ってきての、洗礼堂と鐘楼。
少しの間にも、どんどんと陽射しが変わって行き、

21-d0097427_02493886.jpg



今、町越しの光が平野に届きます。

22-d0097427_02495281.jpg



目覚めていく家々! そしてこの、丘の起伏の面白さ、色!!

23-d0097427_02500575.jpg

26-d0097427_02504213.jpg




少し靄がかかり、丘と谷の間にはうっすらと雲のかかるのも見えますが・・、

24-d0097427_02501829.jpg

25-d0097427_02502967.jpg



光も少しずつ強くなり、近くの畑が煌き始めます!

27-d0097427_02505419.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 暦月の間  ・ トレントのブオンコンシーリオ城

年明けに相応しい最初の話題はと考え、今日ご覧頂くのは勝手に重々しく
「暦月の間」と呼んでいる、カレンダーの様に月毎の様子をフレスコ画で描いた
トレントの城の、アクイラの塔・Torre Aquilaの部屋の装飾のご案内を。

1-063.jpg

トレントのブオンコンシーリオ城・Buonconsiglioは、クリスマス風景を
見て頂いたトレントの街の最初の写真にチラッと出た、

街の北東の高台にある現在は博物館の城塞で、オリジナルはローマ期の城だった様で、
13世紀から街の城壁要塞を兼ね、その後の何世紀間の拡張を経て、
アルプス一帯においても一番大きな要塞城の一つなのだそう。

城の中の写真もまだ整理できておらず、へへ、 この装飾の部屋は唯一写真禁止で、
城のブック・ショップで買って戻った本からの写真で、ご覧下さいね。



城の全体図をどうぞ。 上の写真は左側からですが、余りの大きさに真ん中までしか
写っておらず、今日ご案内のアクイラの塔・鷲の塔は一番右端に。
 
2-064.jpg

ちょっと字が見にくいですが、大きな円形の塔の見える左の白い部分が
カステルベッキオ・旧城。
右に広がる白い部分は16世紀に建設のマーニョ・パラッツォ・Magno Palazzoで、
カステルベッキオとの間に見える茶の部分が、17世紀に統合部として建て増しの
ジュンタ・アルベルティーナ・Giunta Albertina.

1390年から1419年までこの一帯の司教領主として君臨した
ジョルジョ・ディ・リヒテンシュタイン・Giorgio di Liechtensteinが、
カステルヴェッキオを要塞城から君主の居城風に変え、
アクイラの塔も、彼が街の東側の管理の為に建設されたものだそう。

大きな城の長い変遷については以下略と致しまして、はは、



カステルヴェッキオのテラスから、街の眺めをどうぞ。

3-065.jpg



アクイラの塔には城壁の上の長い狭い渡りを行きますが、
塔の中の部屋はこんな感じで、素敵でしょう?!
これは南西側で、部屋への入り口はこの写真の右手前側に。

4-066.jpg

この部分は左の5月から10月の部分で、薄暗い中に広がる濃密な風景と
人物の醸す空気は本当に素晴らしく、ほっとため息がもれます!



今日は前半の1月から6月までのご案内とし、後半はまた初夏の頃にでもとし、

まず、1月をどうぞ。  3.05x2.27m
そう、一面の雪景色!!

5-051.jpg



下半分では貴族たちが雪合戦の真っ最中で、楽しそうに雪だまを投げつけたり、
スカートに抱えたり・・、
そう、5世紀以上も前から雪合戦があったのですねぇ、ははは。
こういう雪景色というのは、西ヨーロッパでは初のものと。

6-051-1.jpg



画面上部に見える城はステニーコ・Stenicoにある城と確かめられており、
右には雪の中の猟師2人。
それぞれが猟犬2頭を連れ、上の猟師は肩から兎や鳥の獲物を下げ、       
その脇の草むらには狸が隠れ、上の森には狐がうろつき・・。

7-051-2.jpg



2月    1.27x2.22m 
貴族たちの騎馬戦と、右下に鍛冶屋の工房。

8-052.jpg

2月のモチーフに騎馬戦を選んだのは、多分カーニヴァルの季節の関係だろうと。



上部の桟敷席や窓から20人もの女性たちが顔を覗かせ、楽しい。
下では騎馬合戦が繰り広げられ、左では従者たちが着付けをさせ、
戦う者の足元では、砕け散った武器の破片を拾ったり・・。
 
9-052-1.jpg        

     
  
一方、貴族たちの着飾った衣装にも、祭り騒ぎにも一切関係なく、
素朴で実用的な衣服を着けた一般庶民がせっせと仕事を。 

10-052-2.jpg


ところでこの壁画には3月が欠けています。
というのも、ちょうどの部分に螺旋階段があり、それを覆っていた木の板の上に
描かれていた3月分が、火災で失われたのだそうで、残念!

この壁画は上記のジョルジョ・ディ・リヒテンシュタインがボヘミア人の画家
ヴェンチェスラオ・Venceslaoに描かせた物で、
1397年に街の記録に残る事から、1400年前後の作と見られます。

月毎の境を細い螺旋形が囲う円柱で仕切り、貴族社会の様々な行事と、
その季節を表す一般庶民の仕事、季節の色や畑仕事を一つの画面の中に平行させた、
こういうスタイルは当時大いに好まれたものなのだそう。
       

月毎の貴族社会と農民の生活を描いた素晴らしいものでは、以前ご紹介の、
ランブール兄弟の「ベリー公のいとも豪華なる時梼書」がありますが、

こちらはミニアチュールの優雅な大傑作、おまけに1世紀後の15世紀の作で、
大きさも、描く早さの違いもあり、一概には出来栄えの差の云々を言えませんね。

それに対しこちらの壁画には、一般庶民の生活の匂いが感じられる気がします。

そして大きな壁画での暦月の間としては、フェッラーラのスキファノイア宮に、
1470年代にコスメ・トゥーラ・Cosmè Turaやフランチェスコ・デル・コッサ・
Francesco del Cossaが携わったと言う素晴らしいものが。

剥落部分も多いものの、壁画の厳しい美しさはまさに一見の価値あるもので、
残念ながらここも写真禁止ですが、いつかご案内したいもの・・。

ベリー公のいとも豪華なる時梼書
       


フェッラーラ、エステ家のお城 その1と2



4月   3.5x2m
この月は様々な題材が描かれていて、春を迎えての農作業のさまざまが、
愛情込めて登場です。

11-054.jpg



左下には馬と牛2頭に引かせて土を耕しているお百姓2人、茸の生えている
林の中で兎を追う犬、囲われた畑の中では水をやったりの仕事中。
水車小屋から荷運びの男が牛車で、その後から荷を担いだ男が。

12-054-1.jpg

13-054-2.jpg



水辺では白い衣服の巡礼が休み、傍らの家々は藁葺き屋根、
釣瓶のついた井戸が見え、犬が一人のんびりと。
岩山の麓の畑では馬に引かせた鋤を使い、もう一方は種まき中。

14-054-3.jpg



そして下の右端では、貴族の女2人が着飾り、
一人は月の境の円柱に手をかけ、5月に入り込もうと・・。

15-054-4.jpg



5月   3.5x2.4m
春、花咲き乱れる緑の野で遊び戯れる貴族の男女、
4組のカップルと、左端に2人の若い娘と中年の男。

16-057.jpg

17-057-1.jpg

18-057-2.jpg



咲き誇る薔薇の描写も美しく。

19-057-3.jpg



上には、山麓の城から小川を渡り、林の傍の草原で野外宴会を楽しむ男女がいて、
大理石で作られた泉からは水がほとばしり流れ・・。

20-057-4.jpg


こんな春の野外の愉しみを描いたフレスコ画はここにも。

スポレートのアルボルノス要塞 その2 と 1
      


6月   3.5x2.4m
この場面も5月に続く貴族たちの屋外の楽しみと、右上には働く農民達。 

21-060.jpg



下半分の左に5人の音楽を奏する楽人、右に5組に分かれて踊る貴族の、
左から2人目は司教様で、楽人のラッパに付く赤い旗もこの司教様の紋だそう。

22-060-1.jpg

23-060-2.jpg



上部左はやはり5月同様に城からピクニックに出かける貴族の男女がいて、
犬たちが喜んで走り回り、草むらには野鳥の姿も見えますね。

24-060-3.jpg



右側には牛たちがのんびりと寝そべり、乳を搾る女、桶で運んでくる女性、
そして板葺の小屋の近くでバターを作る男と、桶に詰めている女ですね。      

25-060-4.jpg

細長い筒のような容器に乳牛をいれ、上から棒で突きバターを作る容器は
山の博物館で見ましたっけ。


という、カレンダーの壁画1月から6月。 素朴で温かみのある題材でしょう?
かなり農民達の仕事に詳しい表現もあり、画家の育った環境を
偲ばせる楽しさも感じます。

また後半のご案内もお楽しみに!

     
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク