・ 北国の朝 ・ ロヴェレートからトレントまで、そして古城 

ロヴェレートのご案内が続いていますが、今日ご覧頂くのはホテルの窓から見た、
朝一番の光が山の上に届くところ。
徐々に光が麓に下がり、山腹の村々が順番に現れる様子。

そしてロヴェレート・Roveretoから北のトレント・Trentoに向かう道で
見た山上の素晴らしい古城、などです。

写真は、街のはずれから見た北側にそびえる山の並び。 こんな感じで、
ぐるっと街の東側も囲まれているのが、夜のホテルの窓からは何も見えなかったので。

1-378_GF.jpg



翌朝7時半からの朝食に行くべく用意をしつつ、ふっと窓の外を見ると、
北の山の一番東端、高い先っちょに、光が届き始めたのが見えました。 わぉ! 

2-483_GF.jpg



5階の私の部屋の窓からは昨日見た北に続く側も見え、こちらにもこんな風に。

3-485_GF.jpg



間にも何枚か撮っているのですが、ははは、抜かし、違いがはっきり見える分で。
北東。

4-493_GF.jpg



北。

5-489_GF.jpg

6-491_GF.jpg

最初は、あれ、こちらはどちらの方角だっけ? と一瞬考え、ははは。
で、そうか、山々が高いから、南に回っている太陽の光が、低い山の隙間から、
谷を通して届くんだ、と納得したのでした。

ロヴェレートからトレントにかけての谷は、ヴァッラガリーナ・Vallagarinaと呼ばれ、
流れる河はアディジェ河・Adige. そう、ヴェローナ・Veronaを通り、ポー河に注ぐ河。


  
遅れ加減に食堂に行き、出会ったジョヴァンニに朝日を見たか、と聞きますと、
うん、と頷きましたね、やはり!
ですが、これは部屋の当たりも良く、反対側とか低いと見れませんものね。

食事を済ませて戻ると、既にすっかり上の方は現れていましたが、
今度は徐々に浮かび上がってくる山腹の村々の姿。 これは北。

7-496_GF.jpg

8-498_GF.jpg

9-499_GF.jpg



そしてもっと北西。

10-504_GF.jpg



北のこの村は、真ん中のちょっと高台に教会があり、村落の塊が左右に分かれて
見えますが、案外村の名も違っていたりして・・。
手前が見えて来るにつれ、深い谷も姿を現し・・、

11-507_GF.jpg



こちらは北東に広がる村。 そう高い位置ではないので、
新しいコンドミニオらしい建物の姿も。

12-510_GF.jpg



ほら、全体はこんな感じ。 真ん中に教会のある村はこんなに高い位置で、
その右下にある村と。 そして街の中心はまだまだ陰の中!

13-511_GF.jpg



最初に光が当たった山も、今はしっかり山の色が見え、

14-512_GF.jpg



光が徐々に下がるにつれ、あ、これはお城だ、こんな所に城がある!

15-514_GF.jpg



と言う様子で、これが最後の北側全体。 小さくて見えにくいですが、
最初の2つに分かれた村、その下真ん中にお城、その左と右に広がる下の村々、
そしてまだ陰の中の街。

16-516_GF.jpg



9時頃にホテルを出発、仲間でバスの一番後ろの列を占め、はは、
広い窓から快晴の風景を楽しみつつもカーヴが多く、あっちに振られこっちに戻り!

そしてホテルの窓から北と思っていた例の村々が、谷の向こう側だった事も分かり、

17-523_GF.jpg

18-522_GF.jpg



地図をどうぞ。 ロヴェレートからトレントは27kほど、半時間の距離。

19-1-tre_GF.jpg

そして右中に赤い印を付けた所に、



ほら、こんな山上の古城!

19-2-533_GF.jpg

20-534_GF.jpg



村を見下ろす位置の、この高さで、そしてかなり大きな城。

21-538_GF.jpg

22-543_GF.jpg

ロヴェレートで貰った地図にも、インフォメーションで貰ったパンフレットにも
このお城が載っていて、カステル・ベゼーノ・Castel Beseno.

ヴァッラガリーナの要の城として、北の皇帝領と南のイタリアを結ぶ通商路の監視点。
元は中世の城だったのが、16世紀前半に今見る姿に拡張要塞化されたのだそうで、
この谷にある要塞、城では最大、麓に見えた村はボゼネッロ・Bosenello.
       


サイトであれこれ見つけた写真をどうぞ。

これ、美しいでしょう?! 南東側の低い位置に城の門があり、
我々が通った下の平野の様子、アディジェ河も見えます。

site1.jpg

ロヴェレートの街は、一番奥の低い山を回りこんだ向こうに当たります。



こちらは空からの写真で、城の構造が良く分かりますね。

ssite2.jpg



現在は、回顧的催しが行われる博物館的存在の様子で、こんな写真も! 

ssite3.jpg

ssite4.jpg

カステル・ベゼーノのサイトはこちらに。 英語版・ドイツ語版も見れます。
http://www.buonconsiglio.it/index.php/Castel-Beseno/informazioni/orari-e-biglietti

古城といえば、トスカーナにこんなお城もありましたっけ。
モンタルチーノ ・ 歴史と、ブルネッロ・ワインと
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461362974.html

ラディコーファニ ・ 中世カッシア街道、要塞の町
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461280756.html



さて、我々は先に進みます。 朝の光を受けた、山の怪異な姿も見つつ、

27-554_GF.jpg

28-558_GF.jpg



山麓の家にも畑にも、漸くに光が届きます。
手前はブドウ畑で、枝を広げる為、支えの棒がY字型になっているのですね。

29-560_GF.jpg



と言うところで、トレントに到着。 街の西側をアディジェ河が流れ、
これは川向こうの教会サンタッポリナーレ・Sant-Apollinare.

30-563_GF.jpg

我らはサン・ロレンツォ橋を渡り街中に。 素晴らしく大きな城ブオンコンシーリオや、
トレント公会議で有名なドゥオーモ等、見所の多い街はまたのご案内という事で。
  

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.2 ロヴェレートの旧市街散歩  そして モーツァルト

先回にクリスマス市を見て頂いたロヴェレートの街ですが、今日は旧市街の
散歩をちょっぴりと、イタリアに初めてやってきた13歳のモーツァルトが
初演奏をしたという所縁のサン・マルコ教会などをご覧ください。

まず写真は街の中心のロズミーニ広場・Piazza Rosmini.
正面に見えるロッジャ式の建物は、現在銀行が使用している様子ですが、

1-241_GF.jpg



ロッジャの天井装飾。

2-243_GF.jpg

なにやら由緒ありげでガイドさんも長々と説明しましたが、まるで聞いておらずで!
サイトで探した限りでは見つかりませんでしたぁ。



ロッジャを横から。 土曜の午後、クリスマス市が始まった一環としてか、
街の他の場所でも見かけたペインティングを若者3人が始めており、

3-246_GF.jpg

4-245_GF.jpg



左下にちょっと広場の名が見えるカフェと、

5-248_GF.jpg




駅前からまっすぐに続くロズミーニ大通り・Corso Rosminiを振り返っての眺め。
右手前、樹の向こうに大きな泉があり、既に蓋が被せてあり、そう、ここは北国。

6-244_GF.jpg

所で、ロズミーニという広場や通りの名は、この街出身の哲学者にして福者
アントーニオ・ロズミーニ・Antonio Rosmini(1797-1855)に献じられたもので、
写真の左側、もう少し先に生家がある様子。



地図をどうぞ。 ロヴェレートの位置ですが、ヴェローナからの高速、鉄道線が走り、
トレント・Trento、ボルツァーノ・Bolzano、そしてブレンナー峠を経て
オーストリアのインスブルックに続く、そうです、モーツァルトもゲーテも通った道。
左下にチラッと見えるのがガルダ湖の北端、リーヴァ・デル・ガルダ。

6-2-eto_GF.jpg

一番北に見えるヴィピテーノ・Vipitenoは、モーツァルトがイタリアに来た時、
最初に足を止めた町で、トレントまでの街の名の下にもう1行見えるのは、この一帯
ドイツ語とのバイリンガル圏なのでね。



こちらはロヴェレートの街の地図、左が北。 iの横にロズミーニ広場があり、
緑の2がアントーニオ・ロズミーニの生家。 広場から左の先に見える大きな建物、
紫の4がMART・今回のメッシーナ展開催会場ですが、本来は現代美術博物館。

6-3-907_GF.jpg

我々はロズミーニ広場から右に、オレンジ1のバッティスティ広場・Piazza Battisti、
そこから上斜めに緑の10サン・マルコ教会、 その先紫の2のお城の前まで行き戻り、
先ほどの下の道、を通ってバッティスティ広場まで来て一旦解散でしたが、

今回のご案内は、サン・マルコ広場、サン・マルコ教会まで、ということで、
曇り空で残念ですが、旧市街の散歩をお楽しみください。

アントネッロ・ダ・メッシーナ展ご案内は、「ヴェネツィア ときどき イタリア」の
fumieveさんがこちらに詳細に。
http://fumiemve.exblog.jp/19098007/



さて先回も見て頂いたバッティスティ広場のネプチューン像。

7-249_GF.jpg

今見えている奥の道リアルト通り・via Rialtoを行きます。

ね、リアルトとかサン・マルコとか、いつものヴェネツィアの名が出てくるでしょう?!
そうなんです、この街は1416年から1509年まで、ヨーロッパ全部を相手に戦って
負けたカンブライ同盟戦争まで、ヴェネツィア共和国の元にあったのだそう。
遠い北国のイメージを持っていたのが、そう、ガルダ湖の北端すぐ近くですものね。
       
そしてこの後、ロヴェレート、トレントの街は皇帝領となり、8世紀間にわたり
司教君主、という言葉でよいのかな、の政治下に。

その政治と宗教の中心となったのが、トレントのブオンコンシーリオ城で、
その大きさも装飾も凄かったですが、素晴らしいフレスコ画の小部屋があり、
とても気に入りましたので、またご案内いたしますね。

この街が一番栄えたのは18世紀で、工業が発達し、中でもヴェネツィア共和国が
この地に根付けた絹織り産業の繁栄が大きかったと。

なぜかこういう話になると、自分の自慢話みたいな気分になるshinkai、ははは。



という様子で、街の建物にも近代的な装飾要素が見られますし、

8-252_GF.jpg



ちょっとリバティー風なイメージも。
この店の古めかしい看板には、FRATELLI LENNER・Lenner兄弟と。

9-261_GF.jpg



少し先にあった、よくもこれだけの品を!というほど並べ立てた家庭用品店、
トレンティーノの歴史的な店、と。

10-265_GF.jpg

11-267_GF.jpg



こちらは帽子店ジョバンニ・バッカ・Giovanni Bacca。

12-269_GF.jpg



で、同じ入り口装飾ですが、お隣は洒落た本屋さんになっていて、

13-273_GF.jpg

14-274_GF.jpg

きっと昔は、さぞや大きな帽子店だったのでしょうね。

日本女性には夏の日焼け防止の帽子は必需品の様ですが、はは、
イタリアでは夏は帽子無しが普通で、冬は寒さよけの帽子をね。
はぁ、shinkaiも夏は帽子なし、外のプールのお陰で、未だに黒く・・。



道角の標識、可愛いでしょう?! 我々はサン・マルコ教会に向かい、右に。

15-275_GF.jpg



そして見えて来るサン・マルコ門、お馴染みの有翼のライオン君!

16-277_GF.jpg

17-283_GF.jpg



で、そのちょっと手前に見えた小路の奥の、壁の絵を見にジュリアーナと。
左に見える古い建物も趣深かった。

18-280_GF.jpg

19-279_GF.jpg



門の手前にあった泉。

20-285_GF.jpg



そして門を潜ってすぐ右手、1階の店の看板はオレフィチェリーア・Oreficeria・
貴金属時計店。 今もそうなのかどうか、レトロで洒落た茶赤の格子でしょう?

22-286_GF.jpg



道は緩やかにカーヴし少し上り坂となり、これは振り返って見た所で、
サン・マルコ教会のある広場が右手に広がりますが、

21-295_GF.jpg



広場の向こう、道の先に見えた時計塔。

23-292_GF.jpg

24-290_GF.jpg



一人が、shinkai、こっちに来てご覧!と呼びに来て、建物の下を潜った中庭の
向こうに見えた建物。 修復され、色も明るく塗られているのですが、
如何にも!の中世風。 1階は倉庫や店、工房だったのかもで上が居住部分。

25-299_GF.jpg



そして中庭の隅には、かっての洗濯場の跡。
きっとかなりのお金持ちの商人が住んでいた名残なのでしょうねぇ。

26-300_GF.jpg



こちらがサン・マルコ教会。 現在の正面、内部も16世紀以降大幅に改装され、
第一次大戦でも大きな被害を受け、現在の姿はそれ以降の改修という事。
が、元々ヴェネツィアの守護聖人サン・マルコを祀った、街でも最古の主教会。

27-289_GF.jpg
    


改装されている、というので、そう喜ぶことは無いのですが、ははは、
よその土地でこのライオン君を見るのは、なんとなしに嬉しくて・・。

28-297_GF.jpg



中はかなり薄暗いですが、ほらね、ご覧の通り、大バロック!

29-307_GF.jpg

30-305_GF.jpg

31-308_GF.jpg



そしてパイプ・オルガン。

32-314_GF.jpg  
     
この教会で、このパイプ・オルガンで、13歳のモーツァルトが初のイタリア旅行で、
初の演奏をした、とガイドも説明し、書いたのもあるのですがぁぁぁ、

ちょっと納得出来ない部分、つまりイタリアへの1769年の初旅行の日程について、
なかなか良く分かるように書いてくれたサイトが無く、ははは、文句たれshinkai、
好奇心からあれこれ探し読みしました。
       
まず分かったのは、このオルガンは1975年の物で、長い歴史の中で何度か
変わっているそうで、つまりモーツァルトが演奏した当時のものとは違います。
300年の差がありますから、きっともっと小さく素朴な物だったでしょう。

モーツァルトの初のイタリア旅行に於いて、このロヴェレートで初のコンサートをした、
と言うのが、ちょっと不思議な感じがして・・、 というのも、

最初の地図に印を付けた様に、ロヴェレートはかなり内部に入り込んだ位置で、
もっと北に、ボルツァーノ、トレントという大きな街がありますから、
なぜロヴェレートが最初のコンサート地なのか、本当かなぁ、という疑問です。

アルプスを越えてイタリアに来る以前、モーツァルトは父親レオポルドと他の
ヨーロッパ諸国、フランス、オランダ、イギリス、ドイツ、ベルギー、そしてスイスと
演奏旅行をして回り、ついに1769年12月13日インスブルックから
イタリアへの道を辿り始めます。

12月20日、2人はヴィピテーノに到着。

で、12月22日付の、レオポルドからザルツブルグにいる妻宛ての手紙を見つけました。
昨夜(つまり21日)ボルツァーノに元気で到着したこと、お昼も知り合いと食べ、
今夜の夕食も招待されていること、 が、自分でもクリスマスまでこの街に残るか、
明日の夜にでも(23日)出発するか分からない、
だから一番良いのは、ロヴェレートの郵便局宛に手紙をくれ、と。
       
クリスマスの夜、どこにいるかも分からない、という旅の空!
今ではどこでも誰でも我々を知っている、とは言うものの、かなり厳しい演奏旅行で。

そして24日の夕方近くロヴェレートの「薔薇の宿・Albergo della Rosa」に到着。 
この旅籠は今は無いのですが、17年後1786年にゲーテも宿泊しているそう。

25日は以前レオポルドにヴァイオリンを習った事があり、現在はマリーア・テレーザ
女帝に仕えている男爵ニコロ・クリスターニ・Nicolò Cristaniが
クリスマスの正餐に招待。

そして午後、トデスキ男爵・G.B.Todeschiのお屋敷のたくさんの招待客の
前で、モーツァルトはイタリアで始めてのコンサートをした、と。

そして翌26日、サン・マルコ教会のオルガン・コンサート。これが公的な
初コンサート、という事になると分かり、納得しました。

この教会では熱狂的興味に駆られた聴衆に囲まれ、やっとの事で聖歌隊席に
たどり着いたとか!
       
この最初のイタリア演奏旅行は約16ヶ月にも及ぶもので、若き、というよりも
まだ少年のモーツァルトの名を国際的に広める大成功で、
ザルツブルグに戻り数ヶ月の後、再びイタリアへ出発を。



ガイドと共に街を巡った時、高台のお城の前まで行き、下の道を戻りましたが、

その途中でガイドが、ここにモーツァルト親子が宿泊した、と言った建物。
今はないという旅籠薔薇ですね。

33-410_GF.jpg

34-409_GF.jpg

横にある碑にも、この街で、この年のクリスマスに初のコンサートをしたとあります。

ですが、あるサイトには、旅籠はこの向かい側の建物であった、とし、
旅籠の住所Corso Bettini n.8/12で検索を掛けると、
最初にご覧頂いたロズミーニ広場から北に行く通りが出るので、こちらが街の大通り、
中心で、馬車での旅を考えるとこちらだろうとも思えますし、
当時の旧市街となると、建物のあった方かも知れず・・。

いずれにしても、今回ほどこんないい加減なガイド、すぐ分かるような嘘を
まことしとやかに説明された、と言うのは初めての経験で、
・・今まで知らずに済んでいたのかな?
ヴェローナの「ジュリエットの家」などとは意味が違うといささか驚き、興ざめを。



さて気を取り直し、ちょっと良いな、と思う写真で最後のお口直しを!

35-370_GF.jpg


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 ロヴェレート ・ クリスマス市 

この土曜と日曜にかけ、参加しているグループの1泊旅行があり、
ロヴェレート・Roveretoとトレント・Trentoに出かけて来ました。

大きな目的はロヴェレートで開催中の「アントネッロ・ダ・メッシーナ展」を見て、
トレントのブオンコンシーリオ城と新しオープンした科学博物館見学だったのですが、
北の国とて既にクリスマス市が始まっており、夕食前のひと時仲間と出かけ、
賑わいを楽しんで来ました。

で、今回は街のご案内にさきがけ、「夜のクリスマス屋台市」の様子をどうぞ。

写真は、午前中街の様子をガイドと一緒に見て回った時に撮った、
バッティスティ広場・Piazza Battistiに出ていた案内所。
右に見える通りに、屋台の店が並びます。

1-d0097427_6165458.jpg



バッティスティ広場、以前はオーカ広場と呼ばれていたようで、ガイドもそう言い、
標識もそう出ていたのですが、近年変更された様子。

泉の中央にネプチューンの像があり、クリスマス仕様に、ははは、銛の先には
プレゼントの箱がつけられ、像の周囲も贈り物の箱で埋まり・・!

2-d0097427_6171876.jpg



街の通りの窓も、既にこんな風にクリスマスの飾りつけ。

3-d0097427_6173246.jpg



見難くて申し訳ないですが、プレゼーピオ・presepioと呼ばれる、
キリスト誕生の様子を表す人形たち。 真ん中の飼葉桶が空なのは、
まだクリスマス前で、キリスト様はお生まれになってはいない、のです。

4-d0097427_6174634.jpg



ショウウインドウの中の色は、やはり赤が多く暖かそう!

5-d0097427_6181325.jpg



いったんガイドと一緒の街の見物からやっと開放! そう、今回はかなりシツコイ
ガイドさん、いや、仕事熱心なガイドさんで、皆がもういいよ、早くお昼にして、と
後ろでぶつぶつ言っているのに、1時半まで見物に引きつれて回り!!

漸くに一旦開放してくれたのですが、既にどこもかしこも店は満員で、
仲間とお昼を食べれる場所を探しまわる羽目に!

その時屋台店の並ぶ通りを行きつ戻りつしましたのを、少し。
パネットーネが並び、熱い飲み物もあり、

6-d0097427_6183637.jpg



屋台の前一帯が、素晴らしいラヴェンダーの香りにあふれ・・、

7-d0097427_6185227.jpg

8-d0097427_619814.jpg

漸くにバールで、焼いたチーズ・トーストとビールの小1杯とでお昼を。
が、shinkaiにはどうもこういうのは代用食の感が否めず、憮然! ははは。

午後訪れた「アントネッロ・ダ・メッシーナ展」はもう、凄い人出!!
イタリアでの展覧会で初めて経験した人出で、ここで当たったガイドさんも
またまた物凄く熱心過ぎる方で・・!

大体、絵を見るのにガイドさんは必要ない、と思っているshinkaiですが、
今回はもう最初の熱情込めたご挨拶の時点で、もういいよぉ!!という満腹感で、
一人であっちこっちと人々の隙間を狙って、見たい絵のみじっくり見て回りました。

2点展示されていたヤン・ファン・アイク・Jan Van Eykが素晴らしく、
青い被り物の男、 聖・フランチェスコの聖痕、
今回はもうこの2点で十分満足!というのが正直な感想でした、はい。



6時過ぎに入り口で、漸くに開放されて降りてきた仲間たちと合流し、
ホテルでの夕食時間までの一時を楽しく過ごすべく、
とっぷりと暮れ、イルミネーションが一際美しく輝く道をいそいそと!

9-d0097427_6193537.jpg



昼間見た広場とはまるで印象が違うでしょう?!
ということで、右に見える青いアーチをくぐり、進みます。

10-d0097427_6195481.jpg



頭の上には、こんな風にイルミネーションが流れ、ずっと奥まで続き、
角を曲がりまたその奥までね。

11-d0097427_6201644.jpg



小さな屋台店ですけど、やはりクリスマス用に飾られ、ここは北国らしく、
オーストリア風の丸いパン、プレッツェルという名でしたっけ?

12-d0097427_6203830.jpg



同じプレッツェルの屋台なのですけど、こちらはザルツブルグ・Salisburgoとあり、
塩味のパン、これが本当でしょう?

13-d0097427_6205734.jpg

でもチーズ入り、ストゥルーデル、クリーム入り、チョコレートのかかったもの、などと
いろいろ並んでいて、本当にザルツブルグかや?と言いたくなりません? ははは。

後ろにモーツァルトの顔が見え、チョコレートも並んでいますが、
ロヴェレートのサン・マルコ教会で、1769年、まだ13歳のモーツァルトがイタリアで
初のコンサートをした、という所縁があり、また街のご紹介の時に、ご覧頂きますね。



前右にはベーコンとか肉類、左にはジャムやいろいろ並んでいるのですけど、
屋台の奥には、憮然とした顔の親父!

14-d0097427_6212358.jpg



まだまだずっと光の道が奥に導くのですけど、ほら、左に光の線が広がっている、
我々は既にお昼に偵察済みの、この左の広場を目指して来たのですね。

15-d0097427_6214716.jpg


クリスマス市・Mercatino di Natale・メルカティーノ・ディ・ナターレは、
クリスマス用の飾りつけ、プレゼント用の品、食品などが並び、各地で開かれますが、
ここロヴェレートでは11月22日から既に開催中で、1月6日まで。

翌日行ったトレントでこれまた日曜日、大快晴のお天気も手伝ってか、物凄い人出で
ごった返しで、いやはや驚きました!

トレントもクリスマス市で有名な街ですが、前日同様ガイドさんに引き回され、
またもやお昼を食べ損なうのではないかという怖れる程の長いお城見学で・・!
という様子で、クリスマス市は傍らを通り過ぎた程度で済んでしまいましたので、

ロヴェレートの夜の、クリスマス市の様子をもう少し、どうぞ!

キャンドルの飾りつけ、

16-d0097427_6221125.jpg

17-d0097427_6223252.jpg



可愛いお鍋、あれこれ。 テラコッタの小振りの物や、琺瑯の鍋、良いでしょう?!

18-d0097427_623713.jpg



もちろん、ちょっとつまみ食いできるあれこれの屋台もあり、

19-d0097427_6232552.jpg



こちらはチーズさまざま。 写真を拡大して眺めていましたら、右上外れには

20-d0097427_6235050.jpg

ワインに漬け込んだチーズ・酔っ払いのチーズや、シニョーレの左手前にはタレッジョの
チーズ・ロンバルディアの美味しいやつ、左下に濃く見えるのは森の葉に包んだチーズ、
多分熟成チーズですね、美味しいだろうなぁ!!



で、先ほどの横の広場では、ヴィン・ブルレ・vin bruleの店が何軒も開いており、
ヴィン・ヴルレは熱くした赤ワインに丁子とシナモンなどの香りをつけた甘い飲み物で、

21-d0097427_624158.jpg



我々はこんな風に、銅の大鍋から湯気が立ち上り、辺り一面にヴィン・ヴルレの
香りが漂う屋台を目指し、

22-d0097427_6243680.jpg



各人それぞれに注文しまして、熱いワインを啜ります。 左からエレオノーラ、
彼女はワインを飲まないので、ヴルレ・ディ・メーレ・リンゴジュースの熱いやつを、
ルイーザ、タータ、ジュリアーナといつものメンバーで、

23-d0097427_6245747.jpg



こちらは左からアンジェカ、ジュリアーナ・ミラン、マリーア・ピア、 

24-d0097427_6251622.jpg



左はアリーダ、そして右が新しい仲間、フランスはパリで40年間働き、引退して
コネリアーノに戻ってきたロレダーナ。

25-d0097427_6254191.jpg

多分素晴らしい頑張り屋で、50人のも男性部下を束ねていたそう!
でも大変親しみが持てる女性。



大鍋の後ろに回って撮っていましたら、鍋の向こうの2人が何やら・・、  

26-d0097427_6261650.jpg



ならばと、撮って良いかと聞きましたら、OK!と人差し指を立て、ははは。

27-d0097427_6263452.jpg



ヴィン・ブルレの後はお腹がポッと温かくなり、寒さも感じなくなり、
近くの店で、ルイーザがクリスマスに来る孫のヴィットーリオの毛糸の帽子選び。

28-d0097427_6265595.jpg



そうこうするうちに遠くからバンドの音が聞こえ、こちらにやって来る様子。
女性も男性もティロルの服装で、太鼓のリズムに合わせ進んで行き、

29-d0097427_6272111.jpg

30-d0097427_627493.jpg

31-d0097427_6281687.jpg

32-d0097427_6284078.jpg

 

バンドの後から人々が歩いていき、暫くの間、遠くで演奏が聞こえましたが、

33-d0097427_629427.jpg



我々はそろそろホテルに戻らねばならず、最初のバッティスティ広場まで来た所、

34-d0097427_6293583.jpg

35-d0097427_6295751.jpg



タータとルイーザがソルディ・セールの看板に釣られ衣類の店に。
我々は外で待ちながら、道行く人を眺めながらお喋りし、

36-d0097427_6303016.jpg

人出でにぎわう街の通りをホテルまで戻ったのでした。

興味深かった街の様子をまたごらん頂きますね。 お楽しみに!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク