・ ドムス・デル・ミート ・ サンタンジェロ・イン・ヴァード

先回に引き続き、マルケ州の知られざる珠玉の町とでも言える
サンタンジェロ・イン・ヴァード・Sant'Angelo in Vadoのご案内で、
今回は町外れの草原で発見された紀元後1世紀末の、ローマ期貴族の家の
素晴らしい床モザイクです。

そして最後にちょっぴり、これで町が有名な白タルトゥーフォの姿もね、ははは。
では、ごゆっくりどうぞ!

写真は、遺跡発掘所に案内し説明してくれたインフォメーションの女性の笑顔を再度!
     
1-478.jpg

  

先回の記事に町の小さな地図もありましたが、そうなのです、こんな風に町を
南に出はずれた草原に、遺跡があるのですね。

2-477.jpg



東に見える教会はサン・フランチェスコ。

3-476.jpg
       


発掘場所の上には、こんな様子に屋根が設えられているものの、
周囲はまだ単にナイロンで囲った、と言うだけでして・・、

4-196.jpg
       
この写真は友人のmkちゃんのもの。

今回見て頂くのは、中が写真禁止でしたので、案内所で貰ったパンフレット、
コムーネのサイト、そして他のサイトで探したものです。

このモザイク遺跡があるのを知ったのも本当に偶然というか、町を歩いていて
たまたま出会った若いシニョーラが、今日は遺跡が見学の日で開いていますよ、
インフォメーションで聞いてご覧なさい、と教えてくれたのですね。
で、遺跡なる物が何か良く分からないままインフォメーションに行き、見学したい、と
申し込んだという訳で、毎日ずっと開いてはいないという幸運もありました。



考古学上の発見として最近50年の内で最大の物、と言われる
このローマ貴族の屋敷跡のモザイクですが、
       
この広大な草原はカンポ・デッラ・ピエーヴェ・Campo della Pieve・教会広場
とでも呼ばれるもので、この下に遺跡が見つかったのは偶然にも、航空写真からだそう!

5-760.jpg
     
周囲に写っている家々の大きさから、遺跡の大きさをご想像下さいね。
写真が何年に撮られたものか書いてありませんが、この写真が元で1999年から
調査が始まり、2000年から発掘が始まった、と。



こちらはまだ覆いも屋根も無い時の上空からの写真で、
各部屋に床モザイクがあるのが見えますね。

6-f68.jpg



現在内部はこんな感じで、ぐるっと見学者用の歩道が出来、ガイド付きで見学が
出来るようになっていますが、発掘の大変さ、損傷のひどい部分の修復等を考えると、
ここまで整備されたのも、ついつい最近の事なのでしょう。

7-o01.jpg



こちらが発掘された家全体の平面図。

8-755.jpg

下に見える赤い矢印部分が見学用入り口ですが、実際に玄関ロビーに当たる部分。
全体は1000平方にも及ぶ1世紀末の広い貴族の屋敷で、中央に中庭と井戸が。
そうですね、ポンペイ遺跡で見た家の形もこうでした。

この一帯にはローマ期にTifernum Mataurenseという町があり、
ご覧の様にこの家の持ち主はかなりの地位、富の持ち主だったのが分かりますが、
モザイクで描かれた内容が神話に基ずく物が多い事から、ドムス・デル・ミート・
Domus del Mito・神話の家、と命名。
       
草原の下にこうして2000年の間眠っていた訳ですが、まったくよくもまぁ土地開発で
破壊されなかったもの!
サンタンジェロ・イン・ヴァードの町はローマ期の後、川の氾濫により破壊されて
いたのを、その上にロンゴバルドの民が新しく町を造ったという歴史があると
読んだので、町外れに埋まったまま、手つかずの良い状態で残っていた訳なのでしょう。



ではモザイクの細部を、最初の玄関ロビーからどうぞ。
ネプチューンの凱旋。

9-756.jpg

写真では図柄の端が切れていますが、下部にはイルカが泳ぎ、戦車に乗る
ネプチューンと迎える妻の、この華やかな勇壮さ!
こういったモザイクの線の、体の表現の巧さにいつも驚嘆します。
     
  

そして、その細部。 

10-o02.jpg



玄関ロビーの奥、図でVANO16とある部分、中央に酒神バッカスと、

11-628.jpg



写真左が、顔の部分、

12-759.jpg



そして、4隅にある人物と植物柄。

13-o03.jpg



大きな部屋、約7m四方ある横臥食堂だったろうという部屋。
平面図では上側の4の部屋を、ほぼ全体が見える写真でまずどうぞ。
     
14-a.v.jpg

このモザイクは中心部が多色使いと2色使い、周囲が2色で、
4辺の内一面を覗いて幾何学模様の素晴らしいデザイン。

      

中心の四角の中はご覧の様に、多色モザイクで海の生物。
色使いが大変鮮やかで、装飾的にも優れていますね。

15-o07.jpg



中心を取り巻き円形、十字の変形とでもいうのか、人物、鳥、植物などが囲まれ、
その周囲は幾何学模様ですが、多色と、白で浮き出る柄の取り交ぜが素晴らしい!

16-960.jpg

17-um.jpg

18-c1e.jpg



そして1辺は、勢子と犬と鹿とイノシシの狩りの図という、なんとも豪勢なモザイク柄。

19-o08.jpg



別の角度からの様子をどうぞ。

20-ito.jpg


所で今回コムーネのサイトを読んでいて大変興味深い事を知りました。と言うのは、

こういったモザイクを作るには勿論その道の職人がいる訳ですが、
柄を、配置を、色を決めるにはどうするのか、
そういった事を疑問に思われた事がおありでしょうか?

私はモザイクについては考えた事が無かったのですが、ギリシャの赤絵、黒絵の壺、皿
などに描かれている人物像、あれは大変にシャープで無駄な線も無く、
そして下手な絵!というのを見た覚えが無いのですね。
皿絵はともかく、カーブしている壺に描いてもです!

一方古い陶器の絵付けはもう様々で、素晴らしく上手いのもあれば、下手もで、
ははは、それで、きっとギリシャの壺絵は下絵作りのプロがいて、
その型紙を使って描いていたのだろうと、想像していたのです。

で、たまたまギリシャの壺を見た時にガイドさんがおられたので、型紙について質問すると、
多分そうでしょうねぇ、どれもが上手すぎますものねぇ、との事で、やはりそう思われるか、
と納得していたのですが、

今回コムーネのサイトに書いてあったのは、
当時この一帯に、こういった大規模で質の高いモザイクを注文する貴族がおり、
それに対応する腕の良いモザイク職人達が、型紙を持って入りこんでいたであろう、と。
という事で一挙に疑問解決。

そうですよね、注文主にすれば、良いのを作ります、と請け合ってくれても、
どんなのが出来るのか不安でしょうし、もちろん好みもあるでしょうしね。
絵描きでも昔は注文を受けるのに、あれこれ見せる下絵があったり、フレスコ画なら
穴をあけた型紙を持っていて、ピエロ・デッラ・フランチェスカなど、同じ人物の顔を
右向き、左向きと使い分けている例があるそうで、ははは、賢い!

モザイク、彫像、彫りの飾り、調度品、絵・・、何でも商品見本や型紙があって、
仕事を受けていたのでしょう。

金箔を貼ったり金を使う、又はラピスラズリなどの様な高価な画材を使う場合は、
どれ位使うかも決めたそうですから、
写真のない時代の、まだ芸術家という存在が無かった時代の、そういった値段決めの
駆け引き場面を想像すると、可笑しいですね。
       
       

さて本題に戻り、こちらは9番の部屋。 真ん中に髪が蛇になったメドゥーサの顔があり、
周囲を様々な柄が取り囲みます。

21-us4.jpg



写真右がそのメドゥーサの顔で、なんとも大胆で、素晴らしい表現!
蛇もちゃんと口を開け、舌が、きゃ。

22-759.jpg



こちらは周囲装飾の一部。

23-o04.jpg

我々は大変幸運な事に、ちょうどガイド付きでグループが見学中の所に
いわば紛れ込む形で見れたのですが、見学するには申し込が必要です。
+39.347.9782936 に電話するか、
info@domusdelmito.it にメールを。
      
サンタンジェロ・イン・ヴァードのコムーネのサイトは
http://www.comunesantangeloinvado.it/index.php?id=8957

ドムス・デル・ミートについては、こちらにも。 申し込みが出来ます。
http://www.domusdelmito.com/

発掘の様子なども含めてのYoutube n.1~3は、こちらに。



さて気分を変えまして、は~い、サンタンジェロ・イン・ヴァードの名物、
白タルトゥーフォ。
まずは昨年のお祭りのポスターから。 毎年10月に開催の様ですね。

24-ado.jpg



こんな写真もサイトにあり!

25-ufo.jpg

ここの白タルトーフォの特徴は、香りも味も刺激臭が少ない柔らかなものなのだそう。
が、はぁ、まだ白いのは食べた事がありませんで。
TVニュースのピエモンテの方の白タルトゥーフォの市、また今回見たこの町の
ヴィデオでも、出品者のいう事は同じ。

つまり大きな、高いものはイタリアでは売れない、イタリア人は買わないと。
どこに行くか? 昨年のアルバのはマカオだったかな、あの辺りのお金持ちがね!
ええ、こういうニュースは日本にお住まいのグルメの方がご存知ですね、ははは。



タリアテッレにかけた白いタルトゥーフォ! ム、ム、ム。

26-nco.jpg



お祭り最中の夜の広場。

27-ufo.jpg

タルトゥーフォをワン君と探す様子のヴィデオを探しました。
最初のは短く画質も良く、但しここのではなく、ピエモンテのランゲの物で、
以前1kもの大きなのを見つけた事があり、忘れられない!と。
http://www.youtube.com/watch?v=8-1A1VqEdDE

こちらは長く、私もまだ全部見切れていませんが、フェッラーラ市のドキュメンタリーで、
秋の森の様子も美しく、白と茶のワン君がタルトゥーフォを探す様子、黒君は現在
まだ修行中などなど、お時間のある方どうぞ!
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=3xDCnpqOUlg&NR=1



マルケ州の町のご案内の最後に、土地の旨いものの写真をどうぞ!
       
マルケは東がアドリア海に接し、西はアッペニン山脈なので海と山の産物がある州で、
美味しいものがどっさりの筈で、ちょっぴり涎を飲み込んで下さいね。
肉類、チーズ、魚のスープ・・!!!

28-mi1.jpg

29-140 (2).jpg

30-140 (3).jpg

31-tto.jpg



てな事で、こうして他の町も横目で睨みながら、ここも良さそうですねぇ、

32-140.jpg

ここもサン・タンジェロ・アンジェロの反対側なんだと、クリスさんに教えて
頂きましたが、こうしてアッペニンを越えトスカーナ入りをしたという訳でした。
       
マルケ州は、トスカーナやウンブリアに比べ観光売り出しもまだまだの様子で、
余り有名ではありませんが、その分掘り出し物の町、村がたくさんある気がします。
またのチャンスを狙いましょう!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ サンタンジェロ・イン・ヴァード ・ マルケ州の珠玉の町

先日ご覧頂きましたマルケ州はウルビーノのパラッツォ・ドゥカーレですが、
あの館と、ウルビーノの町の代名詞とでも言うェデリーコ・ダ・モンテフェルトゥロ。

彼と向き合わせの素晴らしい肖像画によって、2番目の妻である
バッティスタ・スフォルツァは有名ですが、では彼の最初の妻は?と言うと・・。
       
で、今日ご案内するサンタンジェロ・イン・ヴァード・Sant'Angelo in Vado、
ウルビーノから西に26程に位置する小さな町なのですが、

ここがフェデリーコの最初の妻ジェンティーレの生まれた町なのですね。
そしてここのブランカレオーニの宮廷にフェデリーコは預けられ、
はい、彼は庶出でしたので、二人は一緒に育ったという経緯もあります。

が、そんなこんなを知っていてこの町に寄った訳ではありませんで、たまたまウルビーノから
アンギアーリの町に移動する途中、走りながら川向こうに見える町が大変良い雰囲気。 
で友人と、良さそうよこの町、寄ろうか?! といった様子だったのです。

1-408.jpg

良い町は魅惑的な香りを放つもの! まさに大掘り出しの町でして、
2回に分けてご覧頂こうと、はい、その価値大です!

写真は、駐車した広場の脇で見かけた銅像で、タルトゥーフォ採り達が、
タルトゥーフォ探しとその歩きの、分かち難い仲間であるワンちゃんに捧げたもの。

フェデリコ・ダ・モンテフェルトゥロの特徴ある鼻について と、おまけ
http://italiashinkai.seesaa.net/archives/20181210-1.html

ウルビーノの、パラッツォ・ドゥカーレ・Palazzo Ducale di Urbino
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463304758.html

そうなのですね、この町は「白タルトゥーフォ」で有名な町で、
こんな風に毎年「白タルトゥーフォのお祭り」も開催されるという。

s2.jpg
       
これは2011年のポスターですが、お預けを喰らっているワンちゃんの顔! ははは。



地図をどうぞ。 ウルビーノからウルバーニア・Urbaniaに、ここに
モンテフェルトゥロ家の後を継いだデッラ・ローヴェレ家の要塞居城があり、
有名なミイラの残る教会もあり・・! 勿論、ミイラは見てませんよぉ!!
       
3-758.jpg

上の小さな枠内がサンタンジェロ・イン・ヴァードの町の様子で、町自体は
小さいものの、中世の古い趣が良く残り、
そしてです、町の外にDOMUSと書かれた場所が見えますね。 ここには最近50年の内で
考古学の最大の発見、とされるローマ期の紀元後1世紀の素晴らしい床モザイク、
それも素晴らしい広さの家の、各室に残る床モザイク!があるのです。

それも知らずに寄ったのですが、偶然に教えて貰えて
発掘現場の中も見学出来た、という嬉しい番外編の町なのでした。



我々は町の西側に駐車し、こんな風にガリバルディ通りを抜けて東に。
田舎町ながら結構な活気がある町でして、はい。

4-424.jpg

今回ご案内の為に読んでおりましたら、やはりタルトゥーフォのみならず、最近は
工業生産も盛んで、ローマ期モザイクの発見もあり観光業にも力が入り、という。
       


町のドゥオーモのクーポラの上、町の名にちなんだアンジェロ、大天使ミケーレの姿。

5-418.jpg



町の北側をメタウロ川・Metauroが流れますが、ここが西から来ての町の中程北に
ある広場で、突き当たりの左手に橋が。

6-470.jpg



上の広場の左手。 建物の壁に「ガリバルディが・・」という碑が見えましたっけ。

7-469.jpg



橋の中程から見る町の東側。

8-420.jpg

町の名「・・イン・ヴァード」はこの川の渡河を指すという説、つまり昔は川の浅瀬を
渡河点とし、そこで渡河税を取って渡らせた、という記録が良く出ますが、



もう一つ、川の岸にホソバタイセイという青い染料の採れる植物の繁殖が
あったからとか。
どちらの説も行けそうな感じですね。
    
9-423.jpg  

右奥にアーチが見えますが、
アーチの上にRistorante Re -Tartufoという下手な字の看板がみえ、ははは、
 


メニューがこちらに貼りだしてあったので、ご参考に!

10-426.jpg

シェフのお勧めは、
アンティパスト クロスティーニ・ミスト カナッペの盛り合わせ
プリモ  黒トリフのタリアテッレ と、ポルチーニとガレッティという茸を混ぜた
     太めの手作りパスタ・これはミンチを作る様に挽器を通した、
     ぶつ切り状パスタと、ルイーザに教えて貰いました。
セコンド  牛肉小切りにタルトゥーフォのソース
      ポテトのオーブン焼き付け合わせ
デザート  ドルチェあれこれ  
        
如何ですか?  ちょっとトライしたくなりません?!
ですが、このお値段は2010年秋のというお断りを。



町の通りを行きつつ、こんな逆光の中のワンちゃんを見つけ撮っていると、

11-428.jpg



そんな犬など撮らずに俺達を撮って!の声で、はい、日伊親善に努めるshinkai。

12-430.jpg

・・ええと、私はです、・・美的が好みなのですがぁ・・。



先程のクーポラの見える教会の裏を通り過ぎ、これがドゥオーモと思わず写しましたが、

13-431.jpg



時計の文字盤と、上の大天使ミケーレの姿もなかなか良いでしょう?

14-432.jpg



かなり広いウンベルト1世広場にあった法皇像と、後ろは現在市役所になっている
ファニャーニ邸・Fagnani。
これはどなた?と言うと18世紀の249代のクレメンテ14世。

15-434.jpg

なぜここにあるのかは、ははは、像の下に彫られたラテン語は読めずですが、
この法皇はこの地のファニャーニ家縁続きの出身だそうで、イエズス会を潰した
法皇として有名な方、なのだそう。



壁に見えた日時計が面白くて写したのですが、9時半を指していますね、
はい、間違いなくその時間帯だったと。

16-436.jpg

下に見える碑は、この家で1839年8月2日に有名音楽家の
アゴスティーノ・メルクーリが生まれた、と。

この名をご存知の方は? ナポリの音楽院で勉強し云々、と出ましたが、
・・まるで、皆目、全然、まったく・・。



曲りくねる町の通りに朝の陽が射しこみ、おしゃべりに余念のない若い主婦2人。
17-438.jpg

18-439.jpg

山の中の田舎町にしては、3階建てのしっかりした家が続くでしょう?!



ベランダの花鉢。

19-447.jpg



細く自然なカーヴを描く道、古い町並み。

20-452.jpg



そして、こんな一郭にでて。

21-451.jpg

新しい町を訪ね、歩き回っていてこんな場所に出ると、shinkaiの内で
「わぉ!!」と喜びの声が上がり・・、



美味しいのが分かっているのをじっくり味わうみたいに、ははは、
周囲を眺めまわし、確かめながらそろそろと進み、

22-456.jpg

23-457.jpg

24-461.jpg



ほらね、広場の中。 広場の名はピオ2世広場、正面は13世紀建設のラジョーネ宮。
市役所が以前ここにあり、現在は観光事務所が入っている様子。

25-465.jpg       

13世紀建設と言うと、そう、この建物はフェデリーコ・ダ・モンテフェルトゥロも
見ている筈!
    
で、最初に書いたフェデリーコの最初の妻について読んだ事を。
この町で生まれ育ったジェンティーレ・ブランカレオーニ・Gentile Brancaleoni、
フェデリーコも一緒にここで育った、という事ですが、
中世に於いてサンタンジェロ・イン・ヴァードの町は、ラツィオからトスカーナ、
マルケ、エミーリア・ロマーニャに渡って広がるアペニン山中に存在した教皇領の
マッサ・トゥラバーリア・Massa Trabariaの首都だったのだそうで、

ジェンティーレの父親バルトロメーオ・Bartolomeo・ブランカレオーニは、ここと
西にあるメルカテッロ・Mercatelloの行政官、領主だったと。
8歳の時に父親が亡くなり、母親ジョヴァンナ・アリドージ・Giovanna Alidosiが
跡を継ぎ、ただしウルビーノのフェデリーコの父グイダントーニオ・Guidantonio
の後見の下で、との教皇からのお達しに因りますが、
グイダントーニオの叔母が、ジェンティーレの父方の祖母、という血の繋がりもあり、
       
後添えの継母が嫡子を生む、という難しい状況のウルビーノ宮廷からこの地に
幼いフェデリーコが預けられ、その時に手回し良く、将来の婚姻許可も得ていたと。

実の母親同然に彼を育てたジョヴァンナですが、命の危険もある皮膚病に
フェデリーコがかかった時も、適切で親身な世話のお陰でイボは残ったが命拾いを!

そしてフェデリーコが15歳の1437年に結婚しますが、ジェンティーレは父親の
唯一の後継ぎとして、土地とその支配権を婚資に持参の、6歳年上の21歳。

騎馬戦が好きで無骨な性格のフェデリーコには、この年上の温和で忍耐強い妻が
大変に援けになったようですが、残念ながら二人は子に恵まれず、
夫の婚姻外の子を実子の様に育てつつも、新しい結婚を考え始めた夫により
修道院に隠遁を強いられた、という説も出るほどに、彼女の晩年は
引きこもりがちだった様で、41歳で肥満から来る症状の悪化で没と。

サンタンジェロ・イン・ヴァードの町紹介のヴィデオを見ていましたら、
歴史家が町の経緯を語りながら、

ウルビーノ公国を継いだフェデリーコの義弟オッダントーニオが、もし1444年に
家臣の反逆で殺害されなかったら、ひょっとしてフェデリーコのいたこの町が
ウルビーノの位置になっていたかも! と熱意を込めて話しておりましたが、
いやいやそれは幾らなんでも、おらが町の贔屓が過ぎましょうぞ!

11歳の時には所謂人質の形で父親からヴェネツィアに預けられ、15ヶ月もこの地の
開けた空気を吸い文化に触れ、その後にはマントヴァの宮廷で勉強したという彼の事。
ウルビーノの山の中にあっての、あの優雅なドゥカーレ宮の姿は、
あれはヴェネツィアで、マントヴァで得た影響の現れでしょう。

ウルビーノ公国の領土と、ジェンティーレの持参した土地とでは比べ物になりませんし、
フェデリーコの野望は大きく、その実現の為には明確で強固な意思があった筈で、
義弟の暗殺も命は援けるからと下手人として家臣を使い、後に自供させ、
2年後には処刑という・・。
彼自身庶子として生まれ、自分の婚姻外の子には法皇の認めを得ながらも、
バッティスタとの結婚で得る嫡子の幼子を後継者に、等など。
              
単純に、ルネッサンス文化の香る宮廷をウルビーノに開き、芸術家達の大パトロンで、
傭兵隊長としては武勲を誇る、という様な表の姿だけでなく、
私生活のあれこれを知ると、如何にもルネッサンス期の君子に相応しく、
政治にも大変合理的な男だったのだろう、という気がします。

それにしても彼の2人の妻の人生についても考えさせられました。
最初の妻は日陰でひっそりと生き、2番目の妻バッティスタ・Battista Sforzaは
14歳で結婚し、12年間の結婚生活で7人の子を出産し、26歳の若さでの死。

信仰深かった彼女自身の希望で、普通の長衣のまま修道院の共同墓地に埋葬。
愛された妻だったというのですが、最初の妻ともども、彼女達の心の中には
どんな想いがあったかと思います。

すみません、長くなりました。
随分前からのんびりと読んではいたのですが、納得の為の時間も要り、
そのままになっていたのが、今回縁ある町のご案内でつい・・。
お付き合い頂き、有難うございました!
       
      

建物のポルティコの下で何か作業中で、

26-462.jpg

見に行くと、ドアの修復、というか、古いニスを落としている所で、右が親方、
左が見習い中の若者。 剥げかけのニスを落とし、虫食いの穴を埋め、
新しくニスをかけ古いドアを蘇らす、という訳ですね。

OKを貰って写しましたが、こういう仕事が続いているのを見ると、なぜか嬉しくなり。
       


広場の東側に教会の入り口があり、お祭りかな、飾りを取り付けている最中で、
中に入らずでしたが、

27-467.jpg

今回町の地図と首っ引きでどこをどう歩いたのか、写したのは何なのか調べていて、
これが後を通り抜けたドゥオーモと分かりました、ははは。

我々は教会訪問はしなかったのですが、幾つもの古い由緒ある教会も、収蔵品も
立派なのがある様子で、はい、また次のチャンスには・・。
       


町の西にあるアルバーニ門・Albani.

28-480.jpg



こちらがまた趣のある建物でしょう? ここにインフォメーションがあり、
コルソ・ガリバルディ通りの西端近く、ここでローマ遺跡を見たい、と
申し込みましたら、

29-481.jpg



この爽やかな女性が自転車を押し押し、町の外にある広い草原、
「ドムス・デル・ミート」に連れて行ってくれ、あれこれ説明してくれたのでした。

30-478.jpg



遺跡モザイクのご案内は次回、という事にさせて頂きますが、
1枚だけ内部の広さと様子の予告編をね。

31-2.jpg

ね、素晴らしいでしょう?!  神話からのモチーフが多く、
多色と白黒との使い分けでしたが、内部は写真禁止で、これはサイトから。

という事で、次回のご案内をお楽しみに!!


*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク