・ ヴェネツィア ・ モノクロの絵葉書で

今日はまたヴェネツィアに戻りまして、漂い始めた秋の気配に合わせ、
懐かしいモノクロの絵葉書をご覧下さい。

ポルトガルでは、つい最近の風景もセピア色の絵葉書で売っていて、
このおっちょこちょいは簡単に引っ掛かったのでしたが、
ヴェネツィアのこちらは正真正銘の古い風俗風景があり、ただ残念な事に年代と
場所が書いてあるのが少ないのですね。

でもまぁご覧の様に、場所名など書いてなくてもどこかすぐ分かる、
建物風景は昔とまるで変わらぬヴェネツィアです。
スキャンしたままの色、ピンボケも傾きもそのままで、ごゆっくりどうぞ!

サン・マルコ小広場から見るサン・ジョルジョ・マッジョーレ島。
ゴンドリエーレの服装から見て、秋口でしょうか?

1-551_GF.jpg

ヴェネツィアの古い絵葉書は以前一度ご覧頂いた事がありますが、暫くの間に、
手元にまた増えておりました。

旧き 良き ヴェネツィア ・ 古い絵葉書に見る
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461786065.html
              


これは場所がどことはしっかりご説明できないのですが、サン・マルコから西だと。

2-253_GF.jpg



こちらはサン・マルコからスキアヴォーニ河岸をずっと東に、殆ど島の端に近い
サンタ・エーレナ・Sant'Elenaの方かと。

3-953_GF.jpg

そんなに遠い昔でないとは思うのですが、帆船が多く見えます。 運搬船に使っていた
ラグーナ用平底船というブラゴッツォ・Bragozzoというタイプなのかも。

ブラゴッツォについては、こちらに。
n.2 埋もれた島の蘇り ・ ヴェネツィア、チェルトーザ島
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463621868.html



この鉄の橋も見た覚えがあり・・、う、う、確か、東側で・・。

4-341_GF.jpg

そうなのですね、ヴェネツィアに400以上あると言われる橋、それぞれがみな違う形で、
なので、昔よく通って歩きまわっていた頃は、頭の中に通る道順に地図が描けたのが、
まぁこの頃は衰えて・・。 情けない!



さてこの、洗濯女と、洗濯物の干し場!

5-321_GF.jpg

年代も場所も分からないのが残念です、かなり広い場所の様で、
おまけに女性のスカートがねぇ! 籠もかなり使い古されていますねぇ。



こちらもまるで変わらないカ・ドーロ・Ca' d'Oroの姿。 大がかりな改修修復も
行われたとはいえ、元は15世紀の建物、たかが半世紀やそこらで変わりませんね。

6-826_GF.jpg

n.1 カ・ドーロ ・ ヴェネツィアの館
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463740863.html

n.2 ヴェネツィアの館 ・ カ・ドーロ
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463741340.html



この広場の名を探しまわりました、というのも知っている広場で、
写真も撮っているのでムキになり・・! 

7-1-'60_GF.jpg



はは。 はい、サン・ポーロ地区のカンポ・サン・ボルド・
Campo San Boldoと判明しました。 地図もどうぞ。

7-2-old.jpg

右端の赤点がリアルト橋から北に続く道で、リアルト橋の方からカンポ・サン・ポーロ・
Campo San Poloに出る位置が、広場の下の道につけた赤点の所。

この広場だす!と証拠写真が即お見せできないのが残念ですが、はい、
井戸の写真も整理しつつ、また見て頂きますね。



なんとも懐かしい服装風俗ですが、どの広場でしょうか? 
屋台の店が並んでいるのでお祭りの様ですね。 女性の髪形、縞の服、
男性の縞のズボン、子供の編み上げ靴・・。

8-331_GF.jpg



この天使像には、初めてお目にかかりましたが、幸いこれには裏に、
L'Angelo di Calle Magno・カッレ・マーニョの天使像、と書いてあり、
天使像の両脇に、イノシシの紋章があるのも、なんという家柄の奉納なのかが
気になりますが・・、

9-1-335_GF.jpg



カッレ・マーニョは造船所の近くのようで、

9-2-e1.jpg



アップしますと、こうなり、はい、次回のチャンスには会いに行きたいと思います。

9-3-e2.jpg



こちらは、アッカデミア美術館から駅に西回りに行く途中に出会う、
カンポ・サンタ・マルゲリータ・Campo Santa Margherita.

10-1-307_GF.jpg

半分に切られた鐘楼跡が見えますが、ここに広場の名となった元の
サンタ・マルゲリータ教会、既に19世紀から教会では無くなっておりますが、
ご覧の様に服装からみて、これは近年の写真ですが、
ちょっと興味深い事が引っ掛かりましたので、どうぞ。



地図での位置はここで、この広場はかなり広く木もあり、周囲のあちこちに
ヴェネツィア大学の建物がある事からも若い人たちの溜まり場、地元の人々の
憩いの場所となっている様子。

10-2-s.m.jpg

三角の広場の方に建物が一つぽつんと見えますが、これは皮なめし業の信者会、
職業訓練所・Scuola dei Varoteriが18世紀半ばに建てられたもので、
というのも、
元はここに小運河が通っていて、南のバルナバ運河・Barnabanに繋がっていて、
19世紀に衛生上の問題から埋め立てに。 そう言えば、この道はかなり広め。
で、その後この建物は、炭の倉庫、映画館、ファシストの子供の教育用にも使われ。

で、この今は無い運河に面し、オスピーツィオ・スクロヴェーニ・Ospizio Scroveni・
病院、老人ホームがあります。

皆さん、スクロヴェーニという名にピッと来られましたか?
そうなのですね、調べましたら、パドヴァの、あのジオットーの壁画で有名な
スクロヴェーニ礼拝堂を建設したエンリーコ・デッリ・スクロヴェーニ・
Enrico degli Scrovegniの孫のマッダレーナ・Maddalena の遺言と遺贈の
莫大なお金で15世紀に建設されたものなのだと。

当初は13人(12人とも)の貧しい未亡人が収容されたそうで、現在もその趣旨に沿って
医療活動の財団が運営し、建物の写真を見て、いつも見ている白い大きな建物と
気がつき、興味を持って調べたのでした。

エンリーコの父親のリナルド・Rinaldoは、ダンテの神曲にも苦々しく描かれた金貸し、
高利貸しだったのですが、息子のエンリーコとなると、当初は家業を継いだのでしょうが、
学問も治め、パドヴァの政治家として活躍、その為に戦時には家が略奪されたり、
亡命の浮き身にもあい、そういう苦さが礼拝堂建設にも繋がった様子。
     
その息子のウゴリーノ・Ugolinoは既に歴とした貴族階級、ヴェネトのべッルーノや、
フィレンツェでも執政長官を務め、そのまた娘となると、父娘とも亡命で
ヴェネツィアに住み、美人の誉れ高い才媛と語り残され、オスピーツィオも寄贈した
という事になりますが、その子孫は16世紀にフランスに移住して行ったとの事。

リナルドの高利貸しぶりについては、cucciolaさんが詳細を。
http://blog.livedoor.jp/cucciola1007/archives/765022.html



こちらもかなり新しい写真ではないかと思いますが、御存じムラーノ島のガラス吹き。

11-332_GF.jpg

まさに職人芸の凄さで、ちょいちょいとつまんで挟んで伸ばして切って、
あっという間に、見事な馬を作ったりするのも見た事があります。

ヴェネツィア ・ ムラーノ島、サン・ミケーレ島
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463330379.html



今日の最後は、久し振りにすっきり覆いなし、右ドゥカーレ宮と上を渡る溜息橋。

12-119_GF.jpg

広告費を稼ぐのに、わざとゆっくり修復しているのではないかと勘繰りたくなるような、
もう何年もお目にかかっていない風景。

昨年秋に行ったドゥカーレ宮内部のご案内、写真の方は既に用意できていますが、
読み始めたドゥカーレ宮の厚いのと、薄めの牢獄のガイドブック、これがまだ済まず、
そのままになっておりまして、はぁ、   ドゥカーレ宮は近日公開されま~す、
と、ここで自分に気合を入れて・・! 大丈夫かいなぁ?

ヴェネツィアのモノクロの絵葉書は、まだまだありますので、また機会を見てご覧を。
       
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ 秋の葡萄摘み、 ピティリアーノの場合は 

昨日日曜の朝は大嵐で暫くの間は停電となり、また夕方から雨と、
一っ飛びに秋が来たような北イタリアですが、今日の午後になって
漸くに陽が射して来ました。
       
有難い事にまだ寒くなく、半袖のポロシャツで過ごせていますが、
この暖かさもいつまでもつか、大事に楽しみたいものです。

さて既に今年の葡萄摘みも最後となり、実った葡萄の写真も、葡萄を
運ぶトラクターも今年は撮らずに済んでしまいましたが、
そこはもう、亀の甲より年の功、ははは、

昨年秋にトスカーナの南、ピティリアーノで大変面白い葡萄運びの
トラクターの様々に出会いましたので、今日はそれをどうぞ、お楽しみ下さい!

写真は、宿の窓から朝日に浮かぶピティリアーノ・Pitiglianoの町の様子。

1-426_GF.jpg

写真は一応整理したままで、まだ町のご案内をしておりませんが、
こちらにちょっぴり、旅の行程を。
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461247613.html

n.1 ピティリアーノ ・ トスカーナの「小さなジェルサレム」 凝灰石の町

n.2 ピティリアーノ 町の中心の散歩と、 ブログのお休みを
http://www.italiashiho.site/archives/20180312-1.html


宿が大変良い位置で、おまけに予約の時に「眺めのええ部屋(広島弁)」をと
頼みましたので、ははは。

ご覧頂くのは夕方、続々と葡萄満載でやって来るトラクター。
我が家の方でも葡萄摘みの季節になると、トラクターやトラックに摘んだ葡萄を
いっぱいに乗せ、ゆるゆると道を行くのに出会うのですが、

宿の窓下にちょうど見える道のカーブ、それもまた物凄い急傾斜とカーヴの道で、
そこをいっぱいにエンジンをふかしながら、ウンウンと上って来るトラクター、

2-745_GF.jpg



ぐるっと狭いカーヴを回り、さてまた坂道、

3-747_GF.jpg



後続のチビ車が待ち切れず、追い越しをかけそうですが・・!

4-749_GF.jpg

やめとった方がええで、この次も凄いカーヴなんじゃけん!



最初のカーヴには、はい、また次のトラクターがやって来ておりますが、

5-736_GF.jpg



ええ、まさに町の入り口に当たる場所で、
BENVENITI A PITIGLIANO・ピティリアーノにようこそ、の植え込みがあり、

6-737_GF.jpg



ゆっくりと回り込んで、また坂道をうんうんと・・。

7-738_GF.jpg


この辺りどこもが急傾斜な坂道で、町の反対側、つまり先ほどのトラクターが
やって来た道を逆に行きますと、一旦町から谷に下り、また坂を上って
向こう側の谷に上がります。

写真はその道を、朝の内に摘んだ葡萄を運び、今戻っていく所でしょう、
かなりやかましく、うんうんぶうぶうとふかしながら戻っていくトラクター。
       
8-486_GF.jpg

大きな醸造元は自分の葡萄畑を持ち、その葡萄で、自分の名前を冠した
ワインを作る訳ですが、普通の農家は協同組合式に皆で醸造所を持ち、
そこに葡萄を運び込むのですね。

我が家の近くにもこの種の醸造所があり、葡萄摘みのシーズンになると、
ずらっとトラクターやトラックが並び、表にまで葡萄ジュースの良い香りが漂います。

その代わりに、この季節は交通停滞となり、ゆるゆると進むトラクターの後ろに
ずら~っと車が。 でもこれはもう、皆さん当たり前の季節の風物詩でして、
ぞろぞろと付いて進みます。


という訳で、写真はこのピティリアーノに4泊した昨年の10月上旬、
やはり北より少し遅い葡萄摘みですね、
しっかり熟させて糖度の強いワインになるのでしょうね。

少し早く宿に戻り、窓際の机に座って写真整理か、ブログ書きをしていた時、
次々と喘ぎながら坂道をやって来るトラクターの音を聞く度に、
もの好きshinkaiは、ほら、来た! また来た! と窓から身を乗り出し、
パシャ、パシャッと、ははは。

ほらご覧の様に、皆違うトラクターで、そして、白の葡萄が多い様にも見え・・。

9-733_GF.jpg

10-732_GF.jpg



なぜ、写真のトラクターが皆この位置かと言いますと、
西に陽が傾き、ここでないと陽が当たらなくなったためでして、

11-756_GF.jpg

12-753_GF.jpg
    


こちらは向かい側の谷からの町の眺めで、そう、町は半島みたいに細長く
谷に突き出していて、で宿は、写真の一番右端に切れる辺りに。

13-436_GF.jpg



町の地図で坂の位置をどうぞ。 ははは、左の赤点が上の写真位置で、
町の方の赤点が宿の位置。

14-no1_GF.jpg

カーヴ1が、上で見て頂いた写真類で、さてこれからが難所の、ははは、
カーヴ2の位置。

   

地図では2のカーヴがひっついていますが、実際はこんな様子。
つまり、即折り返しの曲がりで、どちらも急傾斜!!

15-723_GF.jpg

ここからの写真は朝の内で、今1台のトラクターが曲がり終え、坂を上って来る所。



どうやら、この坂道を行った奥に醸造所があるのでしょうね。
うんうんうんうんと喘ぎながら葡萄を積んで上って行き、軽くなって戻って行きます。

道脇の防護壁から身を乗り出して覗くと、こんな風に下の道を上って来るのが見え、 

16-725_GF.jpg

       

上の写真のトラクターの先を進むのは、もっと大きなトラクターで、
曳いている荷台にはこんなに大量の葡萄!

17-724_GF.jpg



ここからの写真が、本当にめったにない程のピンボケで!! 申し訳ないのですが、
まぁ、珍しいものですから、はは、・・ご勘弁下さ~い。

今左に口を開けている通りが、町の旧市街の中心に行く通りで、
さてトラクターがゆっくりと大きく回り込み、

18-727_GF.jpg



様子を見つつ・・、

19-728_GF.jpg



ぐるっと回り込み、続くトラクターも大回りに、

20-729_GF.jpg



で、上手く回り込み上の坂道に。 荷台の葡萄が朝日を受けて光ってますねぇ。

21-731_GF.jpg

後続の小トラクターも、後に続いて回りかけ・・、
 悔しい、どんな撮り方をしたんだろ、馬鹿がぁ!!
という、葡萄運びの様子でした。



もう一度宿の窓からの眺めで、夕暮れになりかけ、ライトアップが始まった様子を。

22-062_GF.jpg

陽が沈み、空が青から濃紺になると、町は金色に浮かび上がり、
真夜中以降は闇の中に。

なんとも言えない魅力ある、そして凄さのある町なのでした。


葡萄摘みがそろそろ ・ スコミーゴ村、コッレウンベルト村
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461295708.html

モンタルチーノ ・ 歴史と、ブルネッロ・ワインと
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461362974.html

n.1 ヴェネツィア共和国時代のワイン復活を目指し
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463331661.html

n.2 ヴェネツィア共和国時代のワイン復活を目指し
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/463332411.html
             
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ 薪の山と、木のモザイクと ・ メッザーノ

今日ご覧頂くのは、イタリアの一番美しい村々にも選ばれているドロミーティー麓の村
メッザーノ・Mezzanoで、この美しい村のご案内はまた改めてさせて頂く事とし、
今回は興味深い木のモザイクの展示をご覧下さいね。

最初の写真は村はずれの駐車場のすぐ近く、この平地の雰囲気が村全体の
イメージを現わす、とは言い難いですが、こうしたカーヴ道が大好きなのと、
左側にこの村の古い家の建て方、薪の山もちょっと見えるので、今日のオープンに。

1-1-850_GF.jpg



メッザーノはどこにあるか、地図をどうぞ。 いつも見て頂いているシロール・Siror、
この一帯の中心地フィエラ・ディ・プリミエーロ・Fiera di Primiero、
先日山の上の小さな古い教会を見て頂いたトナディーコ・Tonadico、
夏の夜のお祭りのトランザックワ・Transacquaが上に固まりますが、

1-2-zza_GF.jpg

メッザーノはこれらの村々に行く途中で、すぐ手前のイーメル・Imerと共にこの夏訪問。
ゴッベーラ・Gobberaの村は昨夏のハイキングで、国鉄駅のあるフェルトゥレ・Feltre
は右下に、トナーディコの古い教会記事の中でご案内したアンズゥ・Anzùはその南に。
       

       
フェルトゥレから谷間の細いトンネルだらけの道を抜け、これらの村々のある
プリミエーロの谷・valle del Primieroの細長い平野に出てすぐに、村から少し離れた
位置に真っ直ぐの広い道がつき、かっての村々を結ぶ道は急ぐ車の交通量が減り、
村は居心地良くなった様子。

のんびりの村の道の脇に、ぎっしりたわわに実のついた梨の木、少し生り過ぎではと、
他人事ながら気になる程の梨の実を睨みつつ、ははは、

2-859_GF.jpg



村は平地から山にかけて広がり、とにかく目に付いたのが、こういった薪の山!

3-918_GF.jpg

先日は薪の山の前で睨む猫ちゃんを見て頂きましたが、こうしてぎっしりと積まれ、
冬の準備万端なのですね。



上のお家は太い木を割った薪でしたが、このお家のは枝を切った細めの丸太。
真ん中に鉢植えの花が色を添えていますが・・、 

4-1-982_GF.jpg



こちらは村の花屋さんの表にあったもの。薪を積み上げ、その中にモザイク式に
鉢植えの花を表現。 これが今日見て頂く、木で作ったモザイクの展示の一つで、

4-2-069_GF.jpg



幾つかご覧に入れますので、ごゆっくりどうぞ。

タイトルは、 時は流れ・・、伝統は残る。

5-903_GF.jpg



作者はジュリアーノ・ラッティン・Giuliano Rattin 1987年フェルトゥレ生まれ。

6-904_GF.jpg



タイトル:FREEWATER  涙を流していますが・・、
顔の表現には、木の並べ方に凹凸も付けているのですが、切りくちを斜めにする、
等の違いも使っていて、家壁の脇にあるちょうどの凹みを利用です。

7-950_GF.jpg



作者:Jimi Trotter  1956年メッザーノ生まれ。

8-951_GF.jpg      



これは、脇に見える作者の札を撮り忘れ、表現する所は分かりますが、
さて、どういうタイトルか・・。

9-981_GF.jpg

一番外側の木の中に鉄棒を通し形作っており、矢印部分は木材が少し飛び出す形。
       

このメッザーノの村は1966年に傍を通る川の氾濫で大きな被害を受けたそうで、
それからの復興も今はしっかりと。

周囲のドロミーティーの村々が観光開発の名の元に、古い物を徐々に失くして
モダンになるのと一線を画し、幸いにも残っている古くからの建物の形式、
壁のフレスコ画、泉、水道、共同洗濯所、菜園等などを改めてきちんと認め、
村の価値を上げる事、そして人々の気持ちの向上も願い、
数年前から新しいプロジェクトに取り組んだのだそう。

2010年の春から、イタリアで一番美しい村々にも選ばれ、この村出身の画家、
手織りのアトリエ等などの音頭取りもあり、新しく生まれたプロジェクトが、
メッザーノ・ロマンティカ・Mezzano Romantica.
昔からの人間と自然との関わりを基礎に、人々の個々の様々な感情と、
一方の社会との関わりなどを表現する、という趣旨の様で、
これら村の各所に展示されている木のモザイク作品は、それらの一環と。

確かに村の中には、新しいタイプのホテルもありませんし、特別な見所もありませんが、
なんとも素敵な古い木と石の家があり、所々の泉、洗濯場、家の横に積まれた
薪の山が、心和む眺めの村なのですね。
       
かっての古い家を開放して、古い日常品なども展示した博物館もあり、
また是非ご覧頂きたいと思っています。



さて、この木のモザイク作品群中の圧巻は、これ!
傾斜地を利用し、上が東屋式の休憩所になっている下の壁3面に描かれたモザイクで、
タイトル:Montagna in-canto 魅惑の山、または、歌う村、とでも。

11-922_GF.jpg



細部の表現をどうぞご覧下さい!
近くの山、山の上の教会、モミの林、遠くの高山・・、

12-924_GF.jpg



山から小川が流れだし、やがて川になり、橋が架かり、歌声が流れ、

13-925_GF.jpg



大小様々な木の切り口が醸すハーモニー・・、

14-927_GF.jpg



作者はグループの様で:la stua・ラ・ストゥーア  
ヴェネト訛りで、Stufa・ストゥーファ・ストーブの事だそう。

15-928_GF.jpg

16-929_GF.jpg



こちらは可愛いシャガール風、タイトル:La notte in sogno・夢見る夜
右下端に、猫ちゃんも描き込まれているのが見えるかな。

17-932_GF.jpg



書き込まれた文字は、
La notte in sogno che io la vidi..sembraba un angelo
夜の夢の中で出会ったのは、天使だったかも

18-933_GF.jpg



作者:Erica Schweizer・エーリカ・シュワイザー 1967年トランザックワ生まれ。

19-934_GF.jpg



他にも作品があったのですが、一応これでお終いとして・・、
最後にもう一枚、村の家を。

20-919_GF.jpg

この家も、この薪の積み方も美しいでしょう?!



家庭菜園が村全体で400以上もあるそうで、
トマトも、カボチャも本当に美味しそうに実って!!

21-900_GF.jpg

22-902_GF.jpg

       
このメッザーノ、そして南隣りのイーメル辺りは木材の取引でも有名な様ですが、
そんな基礎もあるからなのか、の木のモザイク展示でした。
       
150~200年前と変わらぬ村の姿を保つのは、現在では逆に大変難しいのでしょうが、
訪れる者は、ほのぼのとした温かみを感じ取りますね。

秋に向かって、皆さんも少しゆったりと、どうぞ!
       
     
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.2 トナディーコ ・ 山上の古い教会と、谷間の様子は

散歩がてら出かけた隣村トナディーコの、山上の古い小さな教会内のフレスコ画や、
家に戻るドロミーティー麓の小道ののんびりした様子を、先回に続きご覧下さい。

偶然グループのサン・ヴィットーレ教会訪問に出会い、厚かましくも一緒に中に入り、
ガイドさんの説明も一緒に拝聴!したのでしたが、

この写真は内陣、後陣部のフレスコ画で、この部分は新しい、16世紀の物。

1-642_GF.jpg



内陣左脇部分に見られる紋章、これはガイドの説明によると、トナディーコ村の
有力一族スコーポリ家・Scopoliの物で、

2-651_GF.jpg

もともとは公証人一家だったのが聖職者も輩出した一族の紋との事で、
書き込まれた年代1577年も見えます。



上の写真の内陣側ですが、フレスコ画の層が4層になっているのが分かるかな?
内部はかなり暗く、これで精いっぱいでしご容赦。

3-652_GF.jpg

左から順に層を辿れますが、13,14,16世紀のものだそうで、古い層はそんなに
厚塗りではありませんが、最後の層は厚く、とりわけ下部が厚いのが見て取れます。
この墓地付属の教会は1995~97年にかけて外、内部共に修復が行われ、
その時にこのフレスコ画の層も発見されたのだそう。
       


教会の名に冠された聖ヴィットーレの逸話の部分。
2世紀の殉教者で、ガイドの説明によると指を潰され、目をくり抜かれ!! 
最後には斬首されたようですが、

4-653_GF.jpg

彼の事をあれこれ読んでいて分からない事にぶち当たり、遂にジュリアーナに電話をし
助けを求めました。

つまり彼はシリア生まれでローマ軍の兵士だったのが、エジプトで兵務に就いている時、
カトリック教徒である事を否定しなかった為に告訴され、死刑判決を受けたと。 
ジュリアーナにこの部分を読んで聞かせ、何で? と訊ねると、
何年の話? 168年か171年と書いてあるよ。
するといとも明快に、コスタンティーノ帝のキリスト教公認の勅書が出たのが313年で、
それ以前はキリスト教は異教だったから、と。

そうか、そうだったよね、とヒントを貰うと分かる事でも、その場しのぎの
付け刃の知識では時に考えの基盤にならない事も多々あり、そういう時に、
せんせ~え!と助けを求められる人が周囲に何人か居てくれるのが、有難い事!
       
この聖ヴィットーレ・San Vittoreと並んで名を伝えられるのが、聖女コローナ・
Santa Coronaで、彼女は彼の同僚の妻で、彼が拷問を受けている間、
公衆の面前で彼を「幸ある者」と呼びつつ励ましたのだそうで、
為に彼と同様に死の宣告を受け、こちらは四つ裂きの刑にされたと!

この二人の聖人は共にフェルトゥレ・Feltreの町の守護聖人であり、中世において
この一帯はフェルトゥレの支配下にあり、この教会にもその名が冠されたとの事。

なんともむごい刑罰の話が出ましたが、ガイドの話やフレスコ画の題材から
調べ始めると、例によって次々と知らない事が引っ掛かり、
つまり今回も単純にサン・ヴィットーレを調べるつもりが、同名者がずらっと出て
どれか分からず、まず時代を調べ、そして特定者を割り出しという方法でして、
聖女コローナもこの関連で知りましたが、おまけにというか、興味深い事も
芋蔓式に引っ掛かって来まして、ははは。

シロールに行くのにフェルトゥレを通りますが、町の手前のアンズゥ・Anzùという村、
山の上に素晴らしい教会修道院が見えるのですね。 通りつつ、一度は寄ってみたいもの
と思っていたのが、なんとここがサン・ヴィットーレとサンタ・コローナの名を冠した
聖堂だという事も分かりました。
       
フェルトゥレの守護聖人であるという事に由るそうですが、大変立派な建物と内部で、
サイトを見て驚きました。 関心のある方、こちらをどうぞ。
http://www.santivittoreecorona.it/storia.html

フェルトゥレ ・ ドロミテの麓、小さな高貴な町
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/462862246.html
      


ここからは内部の一連の中世のフレスコ画、ガイドの説明ではヴィザンチン様式と。
 
入り口上で、扉の上辺りに地獄の火に焼かれる姿も見え、

5-646_GF.jpg



こちらは入り口を入っての右手で、上部は一連のキリストの生涯のモチーフで、
下段は、騎士の戦いの様子など。

6-655_GF.jpg

グループの皆さんに混じってセルジョも座り、ガイドの説明を。



上の写真の続きで、内陣に近い部分。 語りの絵のモチーフ以外に、
時に単純な柄の部分が挟まり、これが面白い効果を。

7-647_GF.jpg



こちらは入り口から見ての左手部分で、内陣に近く、聖餅入れの置かれる
装飾されたくり抜きと、マントを貧者に分け与えたという聖マルティーノの図。

8-645_GF.jpg



その左に続く部分に、大変興味深い最後の晩餐図があり、
テーブルに並ぶ大ご馳走にご注目を!

9-658_GF.jpg

上の列に丸い鉢が4つあり、その中に魚が描かれ、パンやチーズと思われる物があり、
魚の骨らしい物も散らばり、右端に見える丸まった物はこれはソーセージ類かな?
腸詰め食品類がいつ頃からの物か、また知りたいものです、
しっかりしたナイフもたくさん見え、大変なご馳走でしょう?

この山の中で魚となると川魚でしょうか、それともキリスト教徒を現わす
シンボルの意かな?それとも、描いた人の願望かな?!

◆追記です◆
コメントを頂き、テーブルに見えるのは魚の骨ではなく、ザリガニであると
教えて頂きました。 有難うございます!
これで納得です、このヴェネトの教会にもザリガニを描いた最後の晩餐図がありますし、
教えて頂いたトレントの北西に位置するCarisoloという村のSanto Stefano教会にも、
ザリガニを描いた最後の晩餐図があるそうです。
検索をかけ、素晴らしいフレスコ画に内外とも覆われた教会であるのと、
我が家からの距離が、3時間半程であるのも調べました。
    
はい、行って、見たいものです。次の目標が出来ました!
       
       
       
一通りの写真を撮り終え、説明も大分聞いた所で教会を出て坂道を下り、村の方に。
こちらが現在市役所になっているスコーポリ邸。

10-659_GF.jpg


トナディーコの村の家並の様子、近郊の村の様子などは
n.1 夏の思い出 ・ 山の家、庶民の避暑地
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461527165.html

n.2 夏の思い出 ・ 山の家、庶民の避暑地
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/461527243.html

山の家の夏休み ・ ドロミーティの山 ・ ハイキング
http://italiashinkaishi.seesaa.net/article/468199874.html



建物の前から教会を見上げると、この高さ!

11-660_GF.jpg



村を抜け、なだらかに広がる草地を小礼拝堂に向かいます。
薪を備蓄したり、刈り取った草を納めたり、農機具を仕舞っておく小屋が点在しますが、
マージ・Masiと呼ぶそうで、

12-670_GF.jpg



草地には野草が生い茂り、緑が目に優しく、

13-671_GF.jpg



北の山の奥には、ドロミーティーの高山が顔を覗かせ、 

14-672_GF.jpg



じきに、この小さなサン・ジャコモ礼拝堂・S.Giacomoに。
この礼拝堂については個別の資料が見つかりませんでしたが、古の街道筋に
保護や願かけの為に作られた一つ、という事。

15-686_GF.jpg

上からの眺めでは、薪小屋と大きさが殆ど同じ位でしたよね、が、壁はかなり厚めに
しっかりとした石造りで、前に四角い石組みの跡が残り、入り口を囲っていた様子。



覗くと、丸い天井部にこんなフレスコ画が残り、キリストを囲み下に4使徒のシンボルの、
鷲と有翼のライオン、雄牛、そして天使像。

16-677_GF.jpg

下に見えるオレンジ色の帯状風には子供の顔、天使が並んで描かれ、窓枠部分や、
アーチへの繋ぎ部にもフレスコ画の装飾が見え、キリスト周囲の色の感じが、
山上のサン・ヴィットーレ教会の後陣画に良く似ているので、同じ16世紀頃の作かと。



背後からの様子はこんな感じで、ちゃんと後陣の形に丸く。

17-683_GF.jpg



ゆっくりと、草地の間を蛇行して続く小道を行きます。
近くのベンチには年配のシニョーレと、これまた年配のワン君が寝そべり・・、

18-689_GF.jpg

なかなか面白い顔のワン君でしたので、またご覧頂きますね。

この緩やかな上りとカーヴを持つ小道は、この谷間にある村を幾つも通り抜け、
何キロも奥に続いて行くのだそう。
こんな風にきちんと整備され、歩いても良し、マウンテンバイクでも良し、
素晴らしいハイキングが出来るそう。



1本だけ大きく咲く向日葵があり、

19-692_GF.jpg



パタパタと音がして、奥の山の方からヘリコプターが頭の上を。

20-695_GF.jpg

セルジョが、救急ヘリコプターだから、何か山で事故があったのかもと、
夜の地方ニュースを見ましたが、幸いに何も報道がなく。



シロールの村の入り口まで戻るとこんな泉があり、常時冷たく美味しい飲み水が流れ、
あ、木製じゃないの?! いや、中に鉄管が通っているよ。
そうね、鉄管だけだと、冬に凍結するのでしょうね。

21-698_GF.jpg



インゲン豆も美味しそうにプックリと膨らみ、この赤の斑入り、緑色、
濃い紫と3種見かけました。

22-702_GF.jpg



お家の窓の外にいたトカゲ君。 一見すると長い綺麗な尻尾でしょう?
でもね、良くご覧になってね、途中で柄が違っているでしょ?
きっと一度生え代わった名残なのですね、ははは。

23-705_GF.jpg



ここからシロールの集落が始まりますが、このお家閉っているのです。

24-706_GF.jpg

5月早々に羊と牛を連れ山に引っ越しているそうで、9月の末に戻って来るのだと。
そういえばクリスマス市に来た時、中からめぇぇと聞こえましたっけ。



セルジョが家の前に置いた荷車式花壇、近所の人たちにも好評だと嬉しそうに。

25-707_GF.jpg

コンドミニオの壁も全部塗り替えていて、こうして写すと白過ぎる位ですが、
隙間も埋めきちんと整備、殆ど全て家の手入れが済んだ様子でした。

彼らの家に行き、昨年は壁のアーチの上に山の花束を、今年は白木の長持ちに
花の絵を描き、ペンション無料滞在OKとなりますが、ははは、
来年は、白木の箪笥に似たような花の絵、そしてその次の年は入り口扉脇に
マルモット(オオリス)の絵を、と、既に注文を受け、山行きも確定、という有様。
約束を果たせるよう、良く遊べるよう、元気で頑張りましょう!
      

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 トナディーコ ・ 山の上の古い教会と、煙突掃除と

ドロミーティーの麓の村から昨夕戻り、今朝は洗濯機を回しつつ、ほんのちょっぴり
部屋の掃除もし、ブログのネタを考え、写真をさっと整理し、メールも何通か書き、
お昼を食べ、さて、と今おもむろに書き始めた所ですが・・、

戻っては来てもまだ頭の中には山の風景が広がっており、即の切り替えは難しく、はい、
なので今回は、散歩かたがたセルジョと出かけた隣村トナディーコの
山の上の古い小さな教会の様子と、見下ろす村の屋根の上に見つけた煙突掃除人
の姿などをご覧下さいね。

そう、煙突掃除という言葉自体が、既に辞書の中の存在みたいに思っていますよね。
所が実際にしっかり仕事があり、働いている姿を見たので皆さんにも!

写真は息子の山の家があるシロール・Sirorから、東隣のトナディーコ・Tonadico
に向かう山側の道の様子を。

1-597_GF.jpg



山の道をゆっくりと歩いて行くと、びっしりと実がついたリンゴの木も目に付き、

2-602_GF.jpg



馬たちも、まだゆっくりと朝の食事中、

3-603_GF.jpg



一昨年もご覧頂いた、この素晴らしい家。 でも住んでいない様で、勿体ない!

4-605_GF.jpg



こちらのお家の庭の端には、これから薪に割る丸太がたくさん並び、
そろそろ冬への準備が始まっているのですね。

5-608_GF.jpg



カボチャもかなり大きく育ち、

6-688_GF.jpg



目指す教会は、こんな風に山の中腹に。

7-673_GF.jpg

鐘楼の後ろ遥か山の上に、中世のお城跡が見えるのですが、分かりますか?
ここの見物もまた来年回しになりました。



教会への道は、下のトナディーコの村からだと車も通れる比較的緩やかな折り返しの
坂道があるのですが、村まで行かず、途中から急傾斜の近道を行く事に。
教会の名は、サン・ヴィットーレ・S.Vittore.
上の"troi de la Colombera" ってなんだろ? セルジョに訊ねるの忘れた。

8-614_GF.jpg



小川沿いにかなりの坂道を上って行くと、木の小さな橋が架かっていて、奥に続く
小道が見えますが、肝心の橋が通行禁止になっているのですね。
ひょっとして、と暫く本道を行きましたが、どうやら別の山越えに通じる様様子で
引き返し、半分朽ちかけたこの橋を渡ります。

9-615_GF.jpg



小石と丸太で一応整備された小道ですが、なんとまぁ急傾斜で!
まぁそう長くない距離で助かり、シロールの村、足元の家がこんな風に。

10-617_GF.jpg



トナディーコの村の屋根屋根屋根。 大小様々な煙突の並ぶ様子とその数にご注目!

11-620_GF.jpg



教会に近づくと、何やら大きな声でお喋りするのが聞こえ、やがて村への道を
このグループが下るのが見え、

12-1-624_GF.jpg

パシャッと撮りましたら、シニョーラが気がつき、あ、写真を撮っているよ、
チーズ!と、こちらを見上げて皆が笑顔で。



こちらがサン・ヴィットーレ教会、なにせ前が狭くすぐ坂道なので、これがやっと。
入り口右半分に屋根の形になった古い壁の部分が見えますね。

12-2-627_GF.jpg

この部分が一番最初の建設部分で、正面壁に薄く色が残っているのが見えますが、
サン・クリストーフォロ、大男が肩に子供のキリストを乗せた川渡し人の
姿で描かれる、があったのだそう。



上部をアップすると、鐘楼のぽっこりの丸い形も木の板で葺かれているのがよく分かり、
ND・1500年と石で建築年号が記されているのは、鐘楼の年号で、
教会自体は多分1200年代初期の建設と考えられているそう。
  
13-628_GF.jpg     



扉が閉まっていたので、まず隣接の墓地を見に。 大きな家族毎のお墓で、
見つけた一番古い生年月日が1837年だったかな、比較的新しい年代。
教会の歴史が古いので、それ以前のお墓は多分全部整備されたのかも、ですね。

さてどうするか、とパノラマを眺めていると、下の村の現市役所、かってのこの村の
有力者の住居であったスコーポリ邸・Scopoliの前で、大人数のグループが
ガイドの説明を聞いている姿を見つけました。

14-629_GF.jpg

きっとこの教会まで上って来るに違いなく、そうなると、扉も開き中のフレスコ画が見れる、
と、はは、眼下の風景を眺めながら待つ事に。



遠くに見えるこの一帯の中心街フィエーラ・ディ・プリミエーロの、その向こうも見渡せ、

15-621_GF.jpg



手前に広がる草原に、薪や草の貯蔵小屋が点在。

16-622_GF.jpg



セルジョが、あ、スパッツァカミンだよ、と。
スパッツァカミンとは、Spazzacaminoのヴェネト訛りで煙突掃除人を指します。

17-630_GF.jpg

あ、ホントだ! ぐいぐいと力を込めて、押し込んでいる姿が見え、



ぐ~っと引き抜き、また押し込み、我々が気がついて見始めてからも4,5回繰り返し。

18-632_GF.jpg



今に玉が出るから、見ておいで、とセルジョ。
おお、やっと済んだ様で、玉、つまり鉄棒の先の金属のブラシが引き出され、

19-634_GF.jpg



ほらね、屋根の上端に玉を下ろし、
ひょっとして、屋根の向こう側の煙突も掃除するのかも。

20-636_GF.jpg



煙突に屋根を被せて、上の仕事はお終いですが、これから暖炉に落ちた
汚れの灰を掃除するのでしょう。

21-637_GF.jpg

なにせ、初めて煙突掃除人の存在を目にしたので驚き、
なるほどぉ、仕事があるんだねぇ! あるどころか、予約したら8ヶ月先の受付だった。
凄いですねぇ、セルジョが山の家を整備した時に頼んだそうで、8ヶ月後に来てくれたそう!
いくら払った? 50エウロだった。 2年毎に頼まないとね。 との事。

薪の山、煙突の数を見ると、そんな話がしっかり納得できますし、家の中に暖炉が、
ストーブがあり、火が燃える様子は美しく暖かく、調理もできるし、山の冬の生活には
欠かせずで、スパッツァカミンも童話の世界の話ではないのでした。

そうそう、蛇足ながら、屋根の上に見える2段の横棒ですが、これは積雪の落下防止用。
色々な形がありますが、こんな感じであちこちの屋根上に。



東の山沿いの、美しい傾斜地風景を見つめ、

22-640_GF.jpg



奥中央に見える石造りの小屋みたいな大きさの建物、あれは小さな礼拝堂だそうで、
帰り道に寄ろう、という事になり、

23-639_GF.jpg



そんなうちガイドに導かれたグループが坂道を上り到着し、教会前での説明の中、
このシロールの村の左の山手上に見える白い大きな建物、現在ホテルだそうですが、
1930年代まではビール工場だったという説明もあり、

24-641_GF.jpg

シロールの村の人々が「ビッレリーア」と呼ぶ意味が漸くに分かった、とセルジョ。

こうして教会の扉が開かれまして、厚かましく一緒に中に入り、更にもっと厚かましく、
途中までしっかりと説明を聞き! ははは。
       
という事で、教会内のフレスコ画の様子、あの小さな礼拝堂も次回その2でご案内を。
お楽しみに!

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク