・ n.2  カルネヴァーレ・ディ・ヴェネツィア 

今日は、月一ゲストのグロリオーザさんのご案内で、
コメントも彼に書いて頂きました。
***

今回は、ヴェネツィアのカルネヴァーレの模様をお伝えしましょう。
日本ではカルネヴァーレというと、仮面をかぶった人たちが
街のあちこちをのし歩く祭り といったイメージが一般的ですね。
私も今回、現地に行くまではそう思っていました。
実際、それも売り物ではありますが、それ以外にもちゃんとした行事が
いろいろありました。

Shinkaiさんが、仮面の様子は紹介済みなので、
今日は仮面抜き、イベント中心に紹介します。

ヴェネツィアが最も繁栄した当時の、時代衣装の総督らの行列が
ありました。 ただ、私がサンマルコ広場に着いたときには、
行列も既に到着済みで、小広場に集まっている所でした。

領土内の各地から集まる形のようで、Shinkaiさんの
コネリアーノの旗もありました。

1P1275974_GF.jpg



旗を振る演技や、マジックなど各種の催しが展開されましたが、
人が多すぎてよく見えませんでした。
近くにいたあでやかな衣装の人たちのスナップです。

2P1275979_GF.jpg


そのうち、花火の合図で「天使の飛行」というイベントが始まりました。
てっきり、天使の格好をした人たちが何かをするのかと
思っていたのですが・・・
       
鐘楼から地面に渡されたロープを伝って、A,N,G,E,L,Oの
5文字が降りてくるんです。
肩透かしを食ったような、でもわかりやすくて、これもあり、かと。

3P1275989_GF.jpg



中間地点にくると、文字がよくわかります。
Oの文字の上に仕掛け人が乗っています。

4P1275991_GF.jpg



レオーネの柱のそばを通り、地上に到達するころ、
紙ふぶきが撒かれ、無事終了です。

6P1275995_GF.jpg



これで、イベントは一旦休憩に入ります。
行列参加者もカフェで一休み。

7P1276032_GF.jpg



行政館の2階からみた広場は、まさに芋を洗うような大混雑です。

8P1276058_GF.jpg



午後は、「マリーエの行列」が始まります。
これには、次のような伝説があります。
 
943年、結婚のためにアーセナルから、花婿の待つリドまで海上を
進んでいた、花嫁と従者たちを乗せた船が、ダマルチア地方からの
海賊に襲われました。
花嫁は誘拐され、たくさんの持参品や持参品が強奪されました。

このため、ヴェネツィアの人たちは奪回チームを作って遠征、
見事、花嫁と持参品を奪い返すことに成功したのです。

この勝利を記念して、格式ある富豪を募り、貧しい階層から選ばれた
12人の若い女性に富を分かち与えることを決めました。
この女性たちをマリーエと呼んだそうです。


行列は、東端のサンピエトロ教会から、サンマルコ広場までの行進です。
私は途中のアーセナル付近で待ちました。
しばらくして、優雅な行進が近づいてきました。

9P1276140_GF.jpg



マリーエたちを担ぐのは、ゴンドリエーレたち。
途中休憩時の、マリーエとのスナップです。

10P1276156_GF.jpg



いよいよ、ごった返すサンマルコ広場に入っていきます。

11P1286207_GF.jpg


 
マリーエの1人。 笑顔が美しい!

12P1286222_GF.jpg



広場の特設舞台で、イベントが始まりました。
中央の女性は、タレントのようでした。 それにしても、
衣装の着方なんでしょうか、胸の盛り上げ具合がすごいです。

13P1286231_GF.jpg



舞台に上がった12人のマリーエたち。 その1.

14P1286264_GF.jpg



マリーエたち。 その2.

15P1286274_GF.jpg



最後にもう一人。
この女性が今回の主役のようでしたが、私の好みはちょっと違いました。

16P1286305_GF.jpg



ここでもフラッグショーがありました。

17P1286316_GF.jpg



もう1つのグループの演技です。

18P1286323_GF.jpg



日本でいう竹馬に乗った怪人が出現して、演劇が始まりました。

19P1286333_GF.jpg



煙、花火など、光と影を使ってのスペッターコロです。    

20P1286337_GF.jpg



ようやく、イベントもフィナーレです。

21P1286350_GF.jpg



この舞台は、こんな形に作られていました。

22P1286369_GF.jpg

今年の祭りのテーマは SENSATION・感覚ですね。
サンマルコ地区だけでなく、カステッロ地区は聴覚、サンポーロ地区は
視覚など、それぞれの地区ごとに小テーマを設けてさまざまな催しを
していました。 決して仮面だけの祭りではありません。

もちろん、高級ホテルでの仮面舞踏会もたくさんあったようですが、
貧乏人には手の出せない料金が必要のようです。



最後に、祭りで出会った中で、私のイチオシの女性をご覧下さい。
かわいいピエロでしょう!

23P1296706_GF.jpg


***

グロリオーザさんの「ヴェネツィアのカーニヴァル」如何でしたか?

マリーエの行列の、舞台中央の女性、タレントかというのは、
オルネッラ・ムーティという、眼の素晴らしい映画女優で、
ここ数年、ヴェネツィア・カーニヴァルのマドリーナ・女主人役を
務めている人ですね。

マリーエの行列に参加した女性の中から、ミスが選ばれるようで、
マリーエたち その2の、右から2番目、行列最初、ゴンドリエーレと
写真に写っている女性が選ばれ、余り好みではなかったので、はは、
よく覚えております!

カーニヴァルの済んだ後のヴェネツィアに、もう一度行って見ましたが、
心なしか観光客も少なく、ゴンドラも少なく、
復活祭を待ちわびる風情でした。 春よ、来い!!
       

*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ 待春のスコミーゴ村 ・ 野生のクリスマス・ローズ、どんど

立春も過ぎ、お天気の良い日は如何にも春の兆しを感じる今日この頃。
ヴェネトの田舎スコミーゴ村でも、やはり季節が移っていく様子が見えます。
今日は、待春の日々の様子をどうぞ。

お正月を過ぎ、常夏のハワイから霧のヴェネトに戻ってきましたら、
家の近くの原っぱに、この「イタリア版どんど」が残っていました!

1-001_t_t_GF.jpg

本来は1月5日の夜に「パン・エ・ヴィン・パンとワイン」と称して、
大きな火祭りがあるのですね。
その年の農業の作柄を占ったり、古い物を燃やしたりの古来からの伝統
ですが、今年は雨が続き、カーニヴァルが済むまでと延期されたのだそう。

かなりの高さで、一番上にはベファーナと呼ばれる魔法使いのお婆さんの
人形が見えます。



この霧の日の写真は1月20日。
本当はこの手前の畑の向こう、丘を挟んで隣のオリアーノ村が見える
何時もご紹介の場所。

2-006_t_t_GF.jpg



葡萄畑も、霧に霞み。

3-011_t_t_GF.jpg



昨年、この野生のクリスマス・ローズをご紹介しましたら、種が欲しい、
と希望され、お茶袋をかけて種を取り日本のお友達に送りました。
今年早々、芽が出たよという便りがあちこちからあり、
我が村のは?とこの日様子を見に行ったのですね。
       
なんと無しに芽を探す心算で行きましたら、何のことは無い、
もう既にたくさん、あちこちで元気に咲きかけていました。

4-015_t_t_GF.jpg



雨が続き、シットリと重く積み重なった落ち葉の下から、
元気に頭を持ち上げ、しっかりと咲いていました。

5-027_t_t_GF.jpg

6-029_t_t_GF.jpg



傾斜地の一番低い場所を湧き水が流れ、その傍らに林があるのですが、
去年も今年も少しずつ切り倒され、畑が広がっています。
今年も新しい切り株を見ましたが、まさに、バーム・クーヘン!

7-034_t_t_GF.jpg



小川の流れが近いからか、大きなカタツムリが。
我が家のテラスにも、こんなのがいくつも。

8-035_t_t_GF.jpg



既に剪定された葡萄畑。
枝を固定する結び目の木の蔓にも、霧が、雫を作ります。

9-041_t_t_GF.jpg



余りにも寒い日で、カメラも軽いコンパクトにし、靴を泥だらけにして、
う、う、う、と林から戻る時、家のすぐ近くの看板に可愛い男の子。
なんだろう、子供洋品店かな?

10-042_t_t_GF.jpg



その後お天気の日が続き、これは1月26日の夕陽。
冬の太陽は隣のオリアーノ村の、この辺りに(分かります?!)沈みます、ははは。

11-003_t_t_GF.jpg



ここからは、晴れの日が続いたスコミーゴ村、1月27日の写真。
いつもこの横の道を通り出かけて行きますが、
手前の畑は、もうじきトウモロコシ畑になる筈。

12-008_t_GF.jpg



この場所は、上のドンドの写真の次にご覧頂いた同じ畑で、
モグラちゃん達の活躍も始まっています。
向こうに霞んでオリアーノ村の丘が重なり、ここは春にはお花畑に。

13-012_t_GF.jpg


 
先回のクリスマス・ローズの写真はコンパクトカメラで余り良くなく、
再挑戦の心算で勇んで出かけましたが、
余りのお天気の良さに、危惧した通り色が飛び、量は撮ったものの・・・。
      
それでも、これは気に入った1枚。

14-040_t_GF.jpg


15-048_t_GF.jpg

同じ土地なのに、やはりいろいろ形が違います。


 
大きくたくさん花をつけているのも、多く撮ってはいるのですが・・・。

16-070_t_GF.jpg


クリスマス・ローズは、最初に芽が出てから花が咲く様になるまで
4年ほどかかるとかで、
こうした小さい花をつけるのは、やっと咲き始めた年頃なのかも。

17-043_t_GF.jpg



この、ぽっこリと丸い形も可愛い。
そして葉が茶色の種もあり、花の緑と対比してこれも大変綺麗です。

18-071_t_GF.jpg


19-090_t_GF.jpg

たくさん花をつけていたのですが、花の背丈が低く、
おまけに場所が低いと、雌蕊、雄蕊が全然見えませんね。


 
今春のスコミーゴ村の野生のクリスマス・ローズの最後を
この小さな清楚な姿で。 来年、またお目にかけますね。

20-085_t_GF.jpg

遥か日本に渡って行った種たちも、あと2,3年したらこんな花を。
お待ちあれ!!



ちょうど我がスコミーゴ村と、隣のオリアーノ村の境辺り、一番低い谷に
当たる部分を湧き水が流れていて、そこを石伝いに渡るとこの雑木林。

21-063_t_GF.jpg



今この冬の季節、枯れ枝越しに家が見え、かなり明るく光が射していますが、
葉が茂り始めると、薄暗くうっそうとした林のイメージに変化します。



林の隙間から向こうに続く葡萄畑、そして農家が見えます。

22-064_t_GF.jpg



春の兆しが、ここにも。
    
23-067_t_GF.jpg   



葡萄畑で鋏を手に働いているシニョーレ。 
林に向かう途中でも別のシニョーレに、「お散歩かね?」と声をかけられ、
「花の写真を撮りに」と、身分申請を致しましたです!

24-092_t_GF.jpg



道脇の叢には、既にタンポポと、犬ふぐリ。

25-130_t_GF.jpg



1月6日は通称「ベファーナ」と呼ばれ、クリスマス、お正月のお祭り気分も
この日で終りますが、
前日5日の夜には、あちこちで「パン・エ・ヴィン・パンとワイン」と呼ばれる
火祭りがあり、たくさんの人が集まります。
が、今年は雨続きでこの2月2日になりました。

カーニヴァル最後の日に、と聞いていたのでなんとなしに5日と思っていたのが、
2日土曜の夕方、雨戸を閉めようと思いテラスに出るとなにやら音が聞こえ、
テントの隙間から覗くと、既に盛大に燃え上がっているではないですか?!
ワァオ! 大急ぎでカメラを持って駆けつけました。

26-096_t_GF.jpg



かなりの高さに作られていたので、燃え上がる火の強さは大変なもの!
時に、どどっと音がし、火の粉が吹き上がります。
火の姿の変化、妖しさ、怖さを久し振りに見た思い。

27-105_t_GF.jpg

28-111_t_GF.jpg



例年ならたくさんの人が集まりワインを飲み、持ち寄りの菓子パンを食べ
騒ぐのでしょうが、今のこの時期、既に半分気分が抜け、
10人そこそこの主催者側のみ!
はい、スコミーゴ村の男性諸君です。

29-119_t_GF.jpg



始まった時はまだかなりの明るさでしたが、火が半分以下になると、
既に街灯がつき、とっぷりとした暗さに。
風もない日でしたので、煙の流れによる今年の作柄占いは、さて・・?
これで春を待つ準備も万端。

30-121_t_GF.jpg

今年のパスクワ・復活祭は3月26日。 待春!!
  
     
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。

・ n.1 カルネヴァーレ・ディ・ヴェネツィア

久し振りにヴェネツィアのカーニヴァルに、行ってきました。  
先週の土曜、ちょうどカーニヴァルの初日に。

ただ残念な事に、つい先週メストレの造船所で死亡事故があり、
この日予定されていた市の行事は全て取りやめとなりましたが、

それでもお天気に恵まれ、大変な人出と熱気でした。
久し振りに大いに写真を撮りまくり、楽しみましたので、
今日は、カーニヴァルに沸くヴェネツィアを、ご覧下さいね。

ヴェネツィアの国鉄駅と、車、バスの発着駅のローマ広場を結ぶ、
大運河にかかる第4番目の橋。

1-003_t_GF.jpg

長年の懸案だった橋ですが、昨年の夏から遂に工事にかかり、
本当はクリスマスには渡れる筈でしたが、
はい、現在もまだこの状態で、さて、春には渡れましょうか?



駅前のスカルツィ橋より。 ヴェネツィアは本当に久し振りだったので、
「ああ、ちっとも変わっていないなぁ!」と大いに嬉しく深呼吸をしつつ、
あちこち眺め、変わっていない事を確認しつつ・・。

2-005_t_GF.jpg

でも、やはりあちこち、細々と、変わっていましたね!



国鉄のサンタ・ルチア駅から東への道を辿り、お店のショウウインドウに
並ぶ仮面のあれこれ。 勿論カーニヴァルでも、かぶって使えますが、
多分お土産用の少し良い品。

3-007_t_GF.jpg



ゲットー・ヌオヴォを通り抜けました。
1月27日は、アウシュヴィッツ解放記念の「追悼の日」で、
今年も若者達が、アウシュヴィッツ訪問の旅に、のTVニュースが。

4-009_t_GF.jpg

ゲットーに来ると、ユダヤ教徒の帽子をかぶり、もみ上げを伸ばした
男性の姿を見かけます。



カルネヴァーレが始まったせいか、リアルト橋の上から見ると、
何時もよりたくさんのゴンドラが揺れています。
       
5-030_t_GF.jpg



ゴンドリエーレは、大体中年が多く、若いゴンドラ漕ぎはなかなか
見かけませんが、この方はかなり若く、姿がよろしいですね。

6-026_t_GF.jpg



メルチェリーエ通りの、暗いアーケードの向こうに!
翼を持つライオン君も、ドゥカーレ宮も、サン・ジョルジョの教会も、
みんな春霞の中。

7-037_t_GF.jpg



サン・マルコ聖堂の広場の向かい側、コッレール美術館側に設えられた、
舞台の覆い。初日土曜の催しが取り消しとなり、翌日に順延。
翌日曜夜のTVユースでは、この舞台でのお祭りも放映されていました。

8-038_t_GF.jpg



時計塔は、近年全面的に修復され、一番上の2人のモーロ人も
鐘を打ち、この文字盤も、大変綺麗になりました。

9-184_t_GF.jpg



上の橋が、右のドゥカーレ宮から左の監獄に渡る、溜息橋。
名前も素敵で姿も美しいですが、元々の名の由来は、囚人の溜息。
今は我々も渡れますが、窓からの眺めはほんの僅かの世間のみ。

10-042_t_GF.jpg

奥に見えるのが、サン・ジョルジョ・マッジョーレ。



上の写真に見える奥の橋、パーリア橋・Ponte delle Paglia.

11-047_t_GF.jpg

サン・マルコ小広場から、東に続くスキアヴォーニ通りにかかる橋で、
いつもたいへんな人出です。
ここからため息橋が近くに見れますから、立ち止まり、写真をね。
ゴンドラもこの狭い運河に次々と入り込み、ちょっとしたラッシュです。



これは同じ橋を東側から。大変に混雑してるのがお分かりでしょう。
       
12-064_t_GF.jpg

後がドゥカーレ宮で、ヴェネツィア・ゴシック特有の、アーチ上部の
円窓の花十字形が壁に写ります。
橋の真ん中にチラッと見える鮮やかなグリーンは、次の写真をどうぞ。



橋を渡る途中で、止まって貰いました。
3,4人連れの同じ衣装で、なかなか素敵です。

13-065_t_GF.jpg

こうして扮装した方達は、見せびらかせている訳で!
カメラを持っているこちらが前に立ち、ポッソ? ・良いですか?と
カメラを見せると、立ち止まってポーズを取ってくれます。
なに、言葉なんぞ必要ではありませんね。



ヴェネツィアのカルネヴァーレに独特の、凝った衣装とマスケラでなくとも、
ちょっと顔に色をつけて貰い、お祭り気分になるのも大いに素敵。

14-056_t_GF.jpg

で、このように顔に描いてくれる人々が、臨時の椅子席の店をね。  
多分美術系の学生たちで、自分たちも楽しむのに集まって来る様子。
たいがいは女性なのですが、中にはこんな若き男性も。
目を上げている瞬間を狙いましたが、上手く行きませんでしたぁ。



サン・マルコ小広場から、スキアヴォーニ通りの人の賑わい。
奥に見えるサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の丸屋根が、
修復の為、暫く前からこの姿です。

15-067_t_GF.jpg

右寄りに赤く見える人物は、次にどうぞ!



こうして、きちっと決めて、熱い視線を浴びながら、ゆっくりと、
広場を行ったり来たりします。
舞台に登場する俳優と同じ気分で、楽しんでいるのでしょうね。

16-071_t_GF.jpg

このお二人はマスケラをつけていませんでしたが、大変雰囲気が良く、
フランス人でしたね。



私の後ろにいた、常連の紳士たちの会話。
 彼らは、大変な成功だね。
 そう、何時も同じ形だけど、毎年色を変えてくる、と。 
            
17-086_t_GF.jpg
  
ちょうどやって来た地元TVのカメラマン達とも、彼らは親しく、
「チャオ! カーロ・ミオ」とフランス訛りで、ご挨拶を。 



スキアヴォーニ通りで。 お天気が良い日で、少し汗ばむくらい。
マスケラの下は、かなり暑いでしょうね。

18-084_t_GF.jpg



ご覧下さい、この3人連れ。 特に右の男性2人を。
まさに絵の中から抜け出して来たような!

19-073_t_GF.jpg

右の男性は余りにも、顔までヘンリー8世にそっくりで、
お会いした事はありませんが、はは、驚きましたぁ。



美女2人!!
彼女達は、マスケラ・衣装の人々を撮っていたのですが、
美人なので、撮らせて!と。 ちょっと驚いたようですが、快く。
こうして、気軽に美人を写せるのも、カーニヴァルだからこそ!

20-094_t_GF.jpg



素敵な柄のガウンでしょう?! この柄は、色は違いますが、
ルネッサンス絵画の衣装にも、絹の壁紙にもなっている柄。

21-108_t_GF.jpg

この男性の写真を、今回最高、なんと8枚も撮っていました!


この、前からの写真を選ぶのに、随分迷いました。
というのも、この男性の表情に大変興味を引かれたのですね。

22-106_t_GF.jpg

彼の右に白い衣装が見えますが、彼のお連れ、そう、ホモだちなのです。。
彼のほうが若く、35歳前後でしょうか、
この表情は最初のうちの1枚ですが、少しの恥じらいと居直り、
そして誇示。 そんなものを感じ、大変興味を持って見つめました。



緑がとても綺麗で。 でも、なんとなくインディアンっぽい感じを受けるのは、
なぜなんだろ?!

23-151_t_GF.jpg



周りの人込みの中、カーニヴァルなんぞ、目にないボク。

24-116_t_GF.jpg



こちらも、美人! 清楚な、可愛い笑顔。

25-133_t_GF.jpg

こういう美人を、イタリア語で「アックワ・エ・サポーネ・水と石鹸」
と表現します。


    
この5人連れは、本当に凝った衣装で!
衣装のみでなく、身につける小物にも凝りまくっていましたよ。
イギリス人グループかな?
    
26-166_t_GF.jpg



親子3人連れの、ダルメシアン。
こういう扮装は、やはり子供が可愛い! よく似合います。

27-154_t_GF.jpg



赤頭巾ちゃん。 この方の全身の写真もあるのですが、
手に赤い羽根のついたマスケラを持っていて、それがなんと無しに
凄みがあって・・、 サロメ風で、怖かった!!

28-171_t_GF.jpg



カフェ・クワードリの、テラス席。 お天気も良し、眺めも良し、
中の金髪も、よろしくて・・。

29-179_t_GF.jpg



これはまた、マシュマロちゃんみたいな、女の子。
いろいろポーズを変え、しなを作り・・。

30-174_t_GF.jpg

いみじくも、後の紳士がこう言うのが聞こえました。
  これは、普通の女の子では無いね。
はぁ、私めも、そう見ましたです。



ロシアからの親子連れ。
撮っても良いかと聞くと、親は大喜びで、「笑って、笑って!」と。
チビちゃんは、やっと笑顔を見せてくれました!  

31-181_t_GF.jpg



こちらも、親子3人連れの女の子。 将来美人になりそうな
細い顎をしています。 ええ、お母さんも、大変美人でした。

32-188_t_GF.jpg



彼女のガウンの紐を、結んであげている所。
       
33-191_t_GF.jpg

見るだけで悔しいから、こういう写真には、何にも書きません!



ゆっくりと駅に戻る途中、冬の太陽はかなり傾き、リアルト橋から
眺める大運河は逆光の中。 ゴンドラの舳先も、煌きの中に。

34-227_t_GF.jpg



小さい波が光に煌き、揺れて。

35-213_t_GF.jpg

今年の、カルネヴァーレ・ディ・ヴェネツィアは、来週の5日まで。
おいでませ、イタリアへ!
おいでませ、ヴェネツィアへ!
    
        
*****

ブログご訪問、有難うございます!
見たよ! の応援クリックも宜しくお願い致しま~す!


*****

コメントの書き込みについてのお願い。

ブログの記事下に、「コメントを書く」が出ていない時は、
上か右の、記事タイトルをクリックして頂けると
記事の一番下に「コメントを書く」が出ますので、よろしくお願いいたします。
非公開コメントをご希望の場合は、非公開で、と書いて頂くと、  
コメント承認制ですので、保留にし、お返事だけ公開しますので、
それもご了承下さいませ。
スポンサーリンク